子どもを「勉強好き」にする最大のコツは「教えない」ということ!?

勉強は「教わるもの」、そんなふうに考えている人は多いでしょう。しかし、筆者が訪れたオランダの小学校での光景は、そんな教育のイメージをくつがえすものでした。放課後NPOアフタースクール代表の平岩国泰さん・著『「自己肯定感」育成入門』より特別連載でお届けします!

自分で考えることを大事にした
オランダの教育法「イエナプラン」

子どもに苦手な教科があり、もっと学力を上げたいと本人が思っているとき、親はどんなサポートができるでしょうか。

日本では、そもそも、勉強というと「教わる/教える」ものというイメージをお持ちの親御さんが多いと思います。もちろん、子どもたちにとって勉強は未知との遭遇なので「教わる」ことも大事です。しかし、私は学習で最も大事なことは、やはり自分の頭で「考える」ことだと感じます。

私が以前に伺ったオランダの小学校は、「イエナプラン」という教育方法の学校で、3学年が1教室で学ぶスタイルの教育をしていました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

【発売後たちまち4刷】子どもが12歳になるまでに親が読んでおきたい一冊!

この連載について

初回を読む
子どもの「やってみたい」をぐいぐい引き出す! 「自己肯定感」育成入門

平岩国泰

「やってみたい」「きっとできる」が口グセの子どもはどう育つ? 5万人の子どもと向き合ってきたNPO代表が提唱する新しい子育ての基本。全国の親御さんから大反響の子育て本『「自己肯定感」育成入門』より特別連載でお届けします!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません