所ジョージは「俺」ではなく「ワタシ」と言う

今回取り上げるのは所ジョージ。好感度調査などでは上位に名を連ねることも多い人気タレントですが、どのようなところが支持されているのでしょうか。武田砂鉄さんが考察します。

感情を爆発させない

『情熱大陸』に出演した所ジョージが、自分はカメラの前で「俺」ではなく「私」と言うようにしている、と語っていた。その理由としてあげたのが、「俺」を使ったら、テレビを見ている人が「なんでそんなに威張ってるのお前、と思うはずだから」というもの。誰に対しても丁寧でありたい、といった考えがあるわけではなく、子どもに対してなら「俺」でもいいけど、目上の人も見ているから「私」がいい、とした。キャリアを重ねれば重ねるほど、周囲が「あなたは偉い!」と持ち上げるのだから、「俺」が使いやすくなる。でも、所ジョージは「私」にしておく。

所ジョージを長年テレビで見ているが、特段の感情が湧かない。喜怒哀楽それぞれの最大値が「5」だとすると、所ジョージは「3」くらいまでしか見せようとしない。腹を抱えて笑い転げているイメージもないし、無礼や不正の類いに心底怒っているイメージもない。醒めているわけではない。スタジオが一つの感情に包まれれば、その感情にしっかり乗っかっている。強い意思を持ち、その場の空気を覆す異なる感情をぶつけていくことがない。「ここであえて、さんまさんに厳しくいく」みたいな感じで突っ込んでいく若手もいない。番組のボルテージを握るわけでもないというのに、もうずっと、複数の冠番組を持ち続けている。

見ていても負荷がかからない
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

okonomisakulove #スマートニュース 6ヶ月前 replyretweetfavorite

Magic_of_3days https://t.co/kFBbw3Xs1L 6ヶ月前 replyretweetfavorite

nktu_pdu 読んでてなんだかすかっとした。心が。 6ヶ月前 replyretweetfavorite

kingdomofnot 何というか、いつもの切れ味がないのは、相手が一枚上手ということなのか… https://t.co/t0yvraejsk 6ヶ月前 replyretweetfavorite