ニュータイプ「種子系男子」の透明感あふれる恋愛

小説家の森美樹さんが自分自身の経験を交えながら、性を追及し、迷走する日々を綴るこの連載。今回は、バーチャル空間での恋愛はニュータイプの男性に好都合なのか?を考えていきます。ニュータイプ「種子系男子」の可能性を、森さんはどう捉えているのでしょうか。

『あつまれどうぶつの森』、通称『あつ森が』流行っているらしい。プレイヤーは無人島を自分独自の島に作り上げていく、というのだが(ざっくりです)、私自身はプレイしていないため、その醍醐味は未経験である。普段は会えない人、自粛生活で会えなくなっている人ともつながれる、というのもあり爆発的にヒットしたのだろう。中には、あつ森の世界で結婚式を挙げた人もいるのだとか。

ということは、あつ森の世界で恋愛している人達もいるのだ。以前から、ゲームというバーチャルな空間で出会い、恋愛に発展するなんてざらだった。以前と異なるのは、実際に会えなくなってしまった点である。

これはもどかしいだろうな、と思う反面、もしかしたら好都合なのかも、と考えてしまった。それというのも、先日ある女性からこんな経験談を聞いたからである。

3年もの間、月に2回~3回定期的に会っているのに

「つかず離れずで3年間交流してきた男性に、私の存在は何なのか? と詰問してみたら、ただ一緒にいるだけでありがたく感謝すべき存在、と言われた」

この短い文章だけでも、謎な情報が満載だ。ある女性、K子としておこう、は神様ではない。拝んでご利益があるような存在ではなく、小奇麗で知的で自立した30代前半の独身女性だ。ガツガツはしていないが結婚相手を探していた、健全で常識的な女性である。

ちなみに3年もの間、月に2回~3回定期的に会っていて、食事をしたり飲みに行ったり、男性の車でドライブしたり、普通にデートしていたという。

「それって、セックスはアリだったの?」

私は核心をついてみた。当然、アリだと思っていた。男性はK子より3歳年上の30代半ばだし、健全で常識的な男性なら、まず手を出すだろうと踏んだからだ。だって3年間で少なく見積もっても72回は会ってるんでしょ?

「それが、ないの。手もつないでいない」

もしかしたらK子は神様だったのだろうか。本気でそう問い質そうとした。ていうか、その男性にとっては神様だったのだろうか。

「あなた達、3年前からソーシャルディスタンス恋愛してたの? 先取だね」

と、私は言った、というか打った(LINE上の会話です)。

「まさか。車は彼の車で私は助手席に乗っていたし、歩く時も2メートルも離れていない。せいぜい10㎝か20㎝離れているくらい」

まじめにこたえてくれるあたり、煮え切らない男性を3年間も待った根性や律義さがうかがえる。

K子を古風とみるか高飛車とみるか

「K子さんから誘ってみたりしたの?」

と私。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

森美樹さんの小説が収録されたアンソロジーが文庫になりました!

この連載について

初回を読む
アラフィフ作家の迷走性活

森美樹

小説家の森美樹さんは、取材や趣味の場で、性のプロフェッショナルや性への探究心が強い方からさまざまな話を聞くのだそう。森さん自身も20代の頃から性的な縁に事欠かない人生でした。47歳の今、自分自身の経験を交えながら、性を追及し、迷走する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

arisa_takao 「」というタイトルと、最後の一文で、うおお…ってなる!余韻感。 と同時に、本性ってなんだ?となる。 @morimikixxx https://t.co/WiOK7P91E5 2ヶ月前 replyretweetfavorite

izmon 透明感んんん 手つないだり、それ以降も相手を消耗してる感覚はない むしろ満たされるんじゃないかなお互いに、と思うけど たぶん前からこんな人はいて、男はがっついてなんぼな風潮がなくなってきたからその人らしく過ごしてる、ならいいな https://t.co/8MhKXnx6Wt 2ヶ月前 replyretweetfavorite