男女にまつわるリサーチ活動を異常なほどしていたらこうなった

今まで語られることのなかった下田美咲さんの泥臭い生きざまを語っていくこの連載、今回は下田さんの恋愛観・結婚観にまつわるお話です。下田さんが男女の機微を知り尽くしているのは、10代の頃から体を張って、異常なほどに男女にまつわるリサーチ活動をしてきたからなのだそう。そのリサーチ活動とは具体的にどのようなものだったのでしょうか?

自分でいうのもなんだけど、私の恋愛論は人気がある。夫婦ネタも含めて、男女のことについて語ると天才扱いされることがとても多い。恋愛論は作家・下田美咲にとって大の得意分野で、私はそのことを武器にして今の状況を確立した。

男女にまつわるコラムを書いたり、読者の方からの恋愛や夫婦にまつわるお悩み相談や質問に答えたりしていると、よく「下田さんはどうしてそんなに想像力があるんですか?」「なぜ、そんなに男心が分かるですか?」「どうしてそこまで気が回るんですか?」などと訊かれる。

そんな風に訊かれるたびに思っていることがある。

みんなはそれを特殊能力か何かだと思っているようだけど、実はそうではなく、これは私のあまりにも泥臭い生きざまがあってのことなんだよ、と。

たしかに、勘もセンスも良い方だとは思う。だけど、そんなことよりも私を私たらしめているものは、地道に足を運んで集めてきたデータの量が多いことだ。

私は、10代の頃から体を張って、異常なほどに男女にまつわるリサーチ活動をしてきた。その結果として、知っていることが妙に多い。

つまり、想像力ではない。頭の中に豊富なデータを持っているのだ。天性の才能に恵まれたからではなく、めっちゃ熱心に研究をしていたらこうなった。

両親の不仲にショックを受けた6歳

幼稚園児の時には、すでに結婚というものへの希望を持っていない子どもだった。

何がキッカケでそのような考えに至ったのかは分からないのだけど、「大きくなったらお嫁さんになりたい!」と語るクラスメイトに対して「結婚なんて人生の墓場なのに?」と返すような園児だった。

父と母が離婚の可能性をほのめかすような話し合いをしているのを初めて目撃してしまったのは6歳の時のことで、ひどくショックを受けた。

念願のおもちゃを買ってもらった日だったのに、嬉しかった気持ちなど一瞬で吹き飛んで、その代わりに「お父さんとお母さんは別れることにしたけど、あなたはどっちに付いてくる?」という究極の選択を近いうちに迫られるのかもしれない、という恐怖で頭がいっぱいになった。

両親の不仲を知る前から結婚に対して否定的な幼児だったのに、もっとも身近にいる夫婦が年々その仲をこじらせていく様子を見て育ったものだから、思春期を迎える頃には、もはや結婚恐怖症に近い状況に陥っていた。

まだ中学生なのに、彼氏から「いつか結婚しようね」と言われるだけでヒヤッとしては「今はまだ法律的に結婚が不可能な年齢だから、相手に何を言われようと適当に流していれば大丈夫だけど、16歳の誕生日が来る前には別れないとな……結婚なんて全然したくないし……」と憂鬱になっていて、このままだと16歳以降の恋愛がしんどくなるだろうという予感がして悩んでもいた。

「結婚の成功例が見たい」

私は、そんな自分がずっと嫌だったのだと思う。

ある時から「結婚の成功例が見たい」と考えるようになった。もっと具体的にいうと「結婚後もずっとラブラブが続いていて、幸せに暮らしている夫婦の例を目の当たりにしたい」という野望を抱くようになった。

そんなカップルって本当にいるの? 失敗じゃない結婚なんて、あるの? 全然ある気がしないけど!

もし、あるならばぜひ見てみたい! そして成功の法則なり秘訣を知りたい!!!

という、知的好奇心のようなものが爆発していた。

結婚願望は、ないよりもあった方が生きていきやすい。その頃の私は、まだまだ結婚適齢期からは遠い年齢だったけれど、それでも「あまりにも結婚願望がなさすぎると、恋人と迂闊にラブラブになれなくて息苦しい。ストロベリートークを楽しめない。女として不便」と感じていた。

そうして私は実際に、結婚の成功例を探し始めた。

よそのお母さんとお父さんのお風呂シーンを見学
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
下田美咲のあまりにも泥臭い生きざま

下田美咲

4冊の書籍を刊行し、エッセイストとして活躍している下田美咲さん。cakesの人気連載「下田美咲の口説き方」では、ロジカルを極めた持論を展開し、下田さんのことを「美人で頭が良くて人生イージモード」と思っている人も少なくありません。しかし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shimodamisaki 2位だー😍😍😍㊗️ 🆕 2ヶ月前 replyretweetfavorite

granat_san このあたりのデータをちゃんと採っている独身者って初めて知った。 2ヶ月前 replyretweetfavorite

okameco 前半の自画自賛が恥ずかしすぎてなかなか本題に辿り着けない😂 2ヶ月前 replyretweetfavorite

shimodamisaki 私は、そんな自分がずっと嫌だったのだと思う。 ある時から「結婚の成功例が見たい」と考えるようになった。 https://t.co/I4MsGKKCQP 2ヶ月前 replyretweetfavorite