ナチス軍需相とヒトラーお抱え映画監督の虚実

今回と次回、「新・山形月報!」はナチス関連の書籍を紹介。今回は、アルベルト・シュペーア『ナチス軍需相の証言』(中公文庫、上下)、アダム・トゥーズ『ナチス 破壊の経済』(みすず書房、上下)、スティーヴン・バック『レニ・リーフェンシュタールの嘘と真実』(清流出版)などを論じています!

これを書いているとき、コロナ戒厳令が解除されて、まずはめでたい。自粛に対する経済的支援が足りないとはいえ、事業系の融資はまあいろいろ出てきたし、さらに10万円のベーシック・インカムが出たのは、もう一桁多くていいんじゃないかとは思うけれど、ないよりマシ。申請のときのマイナンバーカードにはいろいろ言いたいことがあるが、それはまたの機会に。

さて、今回と次回はほとんどナチスづくしになるのでお覚悟を。真面目なのがお望みな方は、今回のシュペーア回想記とリーフェンシュタールの話、そして異常な話がお好きな方は、次回をご覧あれ。別にいまナチスの話をすべき積極的な理由は何もないんだが、出版時期とぼくが読んだ時期とのちょっとした偶然だ。

で、まずアルベルト・シュペーア『ナチス軍需相の証言』(中公文庫、上下)から。


ナチス軍需相の証言(上)

シュペーアは、多少なりともナチスドイツに興味ある人なら名前くらいは絶対に知っているヒトラーのお抱え建築家で、後に軍需相となって第二次大戦中の兵器生産を仕切った人物。ナチス高官ではあるが死刑を逃れて、戦後もおめおめと生き延びた人物だ。この本は、そのシュペーアが戦後に獄中で書きためて刊行された回想記となる。

もちろん、その大半はナチス政権の内幕暴露となっている。ヒトラーのベルリン改造計画への入れ込み方、要人たちの権力争いと崩壊への道のりの描写はなかなかおもしろく、ナチスに興味ある人なら目を通しておいて損はない。もともと原著刊行直後の1970年に単行本として出たものが、2001年に『第三帝国の神殿にて』(中公文庫BIBLIO、上下)として復刊されつつも、ここしばらく版元品切れだった。それが2020年に入って『ナチス軍需相の証言』として復刊されたわけだ。

そして今回の復刊にあたっては、非常にありがたいボーナスがついている。新たに加えられた「解説」で、彼の「証言」のデタラメさ加減が、きちんと徹底的に説明されていることだ。

実はこの連載をさぼっている間にぼくが関わった翻訳書がいろいろ出て、その一つがアダム・トゥーズ『ナチス 破壊の経済』(みすず書房、上下)だった。


ナチス 破壊の経済 上

ナチスは崩壊寸前のドイツ経済を建て直し、アウトバーンを作り、国民ラジオだの国民車フォルクスワーゲンだの民生品も開発する一方、軍事面では戦時中の苦しい時期にも一時は連合国を圧倒するだけの兵器生産を実現し、さらにはメッサーシュミットのジェット機だのV2ロケットだの新型戦車だのUボートこと潜水艦だの、新兵器を次々に繰り出して、果ては月の裏や地底にまで秘密基地を作るだけの底力を見せた(一部脚色あり)。だから強制収容所とか壮絶な部分を除けば、実は生産とか経済運営とかの面でかなり優秀だったんじゃないの、というのが印象としてある。そして、シュペーアはその立役者の一人とされている。

が、このトゥーズ本は、実はそれがかなり看板倒れだったことを示す。フォルクスワーゲンは、注文取って金は集めたけど、実際には納車されていないし、そんな安くもなかった。各種の新兵器はせいぜいがプロトタイプ程度で、しかも新規開発は数が稼げず、量産できたのは使えない旧型モデルばかりで、全然ダメ。

アルベルト・シュペーアについても、このトゥーズ本は丸ごと一章割いて、一般のイメージが全部デタラメだというのを示し、この回想記に対しても、お手盛りの我田引水もいいところだ、と罵倒する。

で、翻訳の際の参考資料として、この回想記(旧版『第三帝国の神殿にて』)は手に入れてあり、たまたま最近になってふと初めて通読してみた。いやあ、確かにすごい。他の人はみんな無能で自分が仕切ると一ヶ月で武器の開発も生産もスイスイ進んだ、みたいなすごい話が山ほど出てくる。でもトゥーズの本によれば、それはたいがい前任者がすでに苦労して多方面を調整して実現しかけていた成果を、最後に横取りしただけか、あるいはヒトラーにおねだりして、足りない原材料をまわしてもらっただけ。各種発言も、巧妙に数字をねじまげて自分をよく見せる詐術満載。

そして何より、シュペーアのホロコーストとの関わりが問題だ。彼は、ホロコーストのことは知らなかった、無意識に目を背けていたという連帯責任はあるけど、直接は関わっていなかったし知らないよ、と言い続け、それでニュルンベルク裁判も切り抜けている。本書でも、そこらへんのヤバい話になると、なんかすーっと遠い目をして話をそらす。

でも、ナチスの高官が、ナチスの基本テーゼであり、あらゆる政策の根底にあった反ユダヤ主義や強制収容所について何も知りませんでした? そんなわけあるかいな。アウシュヴィッツやダッハウの強制収容所は、別にソ連のシベリア収容所のように人里離れた場所にあったわけではない。まさにシュペーアの仕切る軍需生産に不可欠な、巨大工業生産拠点の一部だ。それを知らなかった? ばかばかしい。ぼくはトゥーズの本を先に読んでいたから、眉にかなりツバがついていたということもあるんだが、それぬきでも、ちょっと自分をいい子チャンに仕立て上げるのが露骨すぎるほどだと思うんだけど。

だけど、みんなシュペーアの主張を鵜呑みにしている/してきたし、それどころか何やら彼は時代に翻弄された高潔な悲劇のテクノクラート、みたいな印象を抱いている。訳者も、旧版『第三帝国の神殿にて』で解説を書いていた土門周平も、シュペーア礼賛と擁護に終始している。それは必ずしも、彼らの目が節穴だったということではないんだろう。なんとなく好意的な見方をしたいと思っていると、多少のごまかしは目に入らないというだけなんだろう。それでもねえ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

omuramf 読みました。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

chogiyo 気になる(特に、回顧録の検証が他国の類例においても可能なのではないだろうかという点において)。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

batayan_kami 【復活第2弾!!】 https://t.co/668TPMUZZ5 今回の「山形月報」は一部の好事家には垂涎ものの #bookmeter 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

yudabakuryocyou これ読んでて思い出したのだった 約1ヶ月前 replyretweetfavorite