第10回】 古典的テクニックの使い回しに相変わらずだまされる理由

心理テクニックは活用する人の動機次第で、ビジネスの道具にも犯罪の道具にもなる。ここでは悪徳商法や宗教の霊感商法など、犯罪的手口に使われるパターンを詳しく見ていこう。

 「自分が好きなタレントとやりとりをするために有料サイトに登録した。1年ちょっとでサイト業者に260万円も支払ったのだが、だまされたのだろうか」──。

 この数年、国民生活センターにはこの手のネット詐欺被害の相談が数多く寄せられている。「サクラサイト商法」と呼ばれている詐欺手法だ。

 このケースでは、無料のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で、自分の好きなタレントを公表していた30代の女性の元にある日、そのタレントをかたる人物からメールが届いたことが発端だった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
心理入門 効果絶大!  ~人の心を動かす技法~

週刊ダイヤモンド

トップ営業マンは心理学を知らなくても優秀なのだから、営業に心理の知識など必要ない──。本当にそうだろうか? 優秀なビジネスマンを観察すると、本人は意識せずとも「心理テクニック」に当てはまる会話や行動がめじろ押しだ。心理の基本を学べば彼...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません