盗まれてもハッピーになれる⁉︎ 田の神さあの奇習

ヘンな形の目利きにして脱力系エッセイの名手が、丸4年かけて日本各地の路傍から超弩級のゆるカワ神仏323体をスカウトした『ニッポン脱力神さま図鑑』。コロナのせいで出版延期となるも、5月27日にようやく発売! それを祝って、 ゆかいな神さまたちが毎日交代でお出ましくださっていますが、日曜日はお休み。代わりに、田の神さあの歴史や盗み盗まれでどちらもハッピーになれたという奇習をご紹介します。

盗み盗まれてどちらもハッピー⁉︎
出稼ぎする神さま

 最初に紹介したいのは田の神さあである。田の神さあは、田んぼの神さまのこと。 日本は八百万の神の国だから、 田んぼに神さまがいてもおかしくない。 鹿児島県と宮崎県の一部(主に薩摩藩領だった西諸、北諸、東諸地方)には、独特のユルい風貌を持つ田の神さあという石像が祀られていて面白い。

頭にシキ(敷物)、手にしゃもじ

 田の神さあの石像は、一般的には、袖の長い衣を着て、頭には藁のシキ(敷物)を被り、手にはめしげと呼ばれるしゃもじ、反対の手にお椀や団子を持つ。

 ただしこれは絶対的な決まりではなく、後で説明するように、 像の形はさまざまあり、仏像に似ているものから、神像型、僧型、旅僧型、神官(神職)型、農民型などバラエティ豊かである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

こんな姿の神仏もありなのか! 超弩級のゆるカワ323体が史上空前の大集結

この連載について

初回を読む
ニッポン脱力神さま図鑑』の今日の神さま

宮田珠己

こんな姿の神仏もありなのか! ヘンな形の目利きにして脱力系エッセイの名手・宮田珠己が、構想・取材に丸4年をつぎ込み、日本各地の路傍から超弩級のゆるカワ神仏323体をスカウトした『ニッポン脱力神さま図鑑』。コロナのせいで延期となる...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません