勝ち組」「負け組」に抜け落ちている視点

日本とマレーシアの大きな違い。そのひとつが教育です。画一的な傾向がある日本の教育にくらべて、個人の個性を伸ばすことを重視するというマレーシア。その先には個人が生きやすい社会があるようです。

マレーシアに来て、1つ変わったこと、それは「勝ち組」「負け組」という観念が薄くなったことです。


「良い学校」があるわけでない

よく日本から来たばかりの方に「教育レベルの一番高い学校はどこですか」と聞かれて困ります。

偏差値的なレベルの高い学校はほぼ存在せず(あっても中華学校などで、英語と中国語、マレー語の3ヶ国語ができない日本人にはそもそも学力のハードルが高いです)、名門校と言われている学費の高い学校にも、普通に勉強のペースがスローな子が存在します。

そして多くの学校で、発達障害のあるお子さんも一緒に学んでいることが多いです。息子の学校もそうでした。

マレーシアのある教育者の方が、「良い学校があるわけではない。あなたの子に合った学校があるだけです」と書いていました。その通りです。

そして、これがホームスクールになると、さらに違います。
一人として同じ個性がいません。

子供たちは勝手に「自分」になっていく。
先生たちはほぼ何もせず、本人たちの方向を伸ばすだけ。

日本の場合、足りない能力を伸ばすように教育されます。ところが英国系などでは、中学生から科目を「捨てる」選択肢があります。

選択してさらに数年すると、それぞれ、いよいよ個性が強くなります。

ホームスクールで、同じプログラミングを志向していても、それぞれバラバラです。

Pythonが好きな人でも、デバッグが得意な人、ゲームのプログラミングができる人、データサイエンティストになりたい人、いろんな人がいるので、そこで分業するわけです。

ただし、この協力は決して「一致団結して同じことしなさい」ではないんです。「お互いの能力を補い合う」に近い。できることとできないことを分業するわけです。


個性を重視すると協力が生まれる

先生たちも個性が豊かです。「量子力学はこの先生が詳しい。生物学&Pythonならこの先生」「宇宙物理はこの先生が上手に教える」「この先生は物理を中国語で教えられる」「こっちの先生は特に得意はないけど、親切で優しいから相談しやすい」みたいになります。個性を使い分けるんです。

すると、人っていればいるほど「お、仲間が増えた」ってなるんですね。
新人がくると、「この新しい仲間はどんな能力を持った奴なんだろ。楽しみだな」と。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
怒らない力—マレーシアで教わったこと

野本響子

編集者・ライターの野本響子さんがマレーシアで暮らし始めて感じたのは、日本にくらべて驚くほど寛容なマレーシアの社会。「迷惑は掛け合うのが当たり前」「怒る人ほど損をする」など、日本人の常識からしたら驚くことばかり。 この連載では、そんなマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shu_alter これはいいなあ。 14日前 replyretweetfavorite

rsknoyama 個性はもう個性なんですね(^^) 誰の個性もが強みになる社会の秘密 #SmartNews https://t.co/MihvUwSyaz 15日前 replyretweetfavorite

withHSP 同じ世界に、そんな素敵な社会もあるんだ…!と知れるだけでも、なんだか希望がわいてくるなぁ😊 ↓↓↓ 誰の個性もが強みになる社会の秘密|野本響子 @mahisan8181 | 15日前 replyretweetfavorite

fu_fu2527 https://t.co/QN1cpGFiDr全員が同じタイプだと「勝たなきゃ」ってなるけど、個性が強い人ばかりだと「協力しなきゃ」になる。 マレーシアに来て分かったことは、昔は「競争」だけだった学校が「協力」に向かうっていう「変化」です。 15日前 replyretweetfavorite