ビッグデータが生み出す仕事 IT化の波【第7回】

ビッグデータはちょうど地中深く埋もれている石油のようなものです。掘り出しただけでは価値が生まれません。掘り出し、精製し、更に使い道を生み出す必要があります。ビッグデータの使い道とはなんなのか、そして、それがどのような雇用を生み出して行くのか、考えてみましょう。

 ビッグデータの可能性は、しばしば石油の利用方法の発達に例えられます。かつて石油は、火をつけて燃やす以外にはこれといって使い道のない液体でした。元はと言えば大昔の植物や生物の死骸ですから、要するに古代の「ゴミの山」だったわけです。しかし、この「ゴミの山」の利用方法、時代と共に徐々に開発されていきました。発電所が作られ、自動車が発明され、プラスチックが発明されるに至り、「ゴミの山」が「宝の山」へと変っていったのです。

 石油は採掘業者が掘り出して精製しただけで価値を得られるわけではなく、石油を必要とする様々な製品が開発されて、初めて商品価値を持ち得たのです。ビッグデータもおそらく、ビックデータを掘り起こして解析する側だけではなく、データを利用する側がさまざまな利用方法を開発して、初めて「ゴミの山」から「宝の山」へと生まれ変わるでしょう。

 ちょうど採掘業者と精製業者だけでは、石油が宝物に変わらないのと同じように、ビッグデータを宝の山に変えるには、データ・サイエンティストとプログラマー以外にも、さまざまな専門家の知恵が必要となるでしょう。ビッグデータはやがて、新しいビジネスを生み出し、さまざまな業務の在り方を根底から変え、これまでは存在しなかった新しい職業や雇用を生み出すでしょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか?

松井博

現在、IT革命によって世の中の仕組みが急速に変わりつつあります。産業、政治、就労、コミュニケーション…… 影響を受けない分野はありません。未来はどうなっていくのか、こうした時代が私たちにどんな選択を迫ってくるのか、元アップル管理職の松...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Singulith ビッグデータはプリコグ(預言者)を作る。  >「犯罪の予測どころか、誰がいつ、どのようなタイミングで犯罪者になるか、あらかじめ予測できるようなシステムさえ出来上がるかもしれません。 」 https://t.co/Ge4mw5u28Q 約4年前 replyretweetfavorite

Singulith 「石油は採掘業者が掘り出して精製しただけで価値を得られるわけではなく、石油を必要とする様々な製品が開発されて、初めて商品価値を持ち得た」 https://t.co/Ge4mw5u28Q 約4年前 replyretweetfavorite

lip_edu じつはそこまで一般的な仕事にはならずに、高学歴の人たちの者になると予想してます│ 4年以上前 replyretweetfavorite

Matsuhiro あざっす!@passionhack ” 面白い!ケイクス申込む! 4年以上前 replyretweetfavorite