#36 アイデアの「価値」を洞察する力が重要

【インタビュー】
半田純一(東京大学大学院経済学研究科特任教授)

東京大学社会学科卒業。ハーバード・ビジネス・スクールでMBA取得。マッキンゼーやA.T. カーニーで活動後、武田薬品工業コーポレートオフィサー人事部長等を経て、2016年より現職。

 これまでにないような新しい要素や、誰も思いつかなかった要素を組み合わせる、これが「クリエイティブ」の考えかたです。

 いっぽう、「イノベーション」(#29参照)は「Value Creation」です。つまり、思いつきに「価値」がなければ意味がありません。偉大なイノベーターに共通しているのは「新しい組み合わせを発想する能力」と、「その思いつきに価値があるかどうかを洞察する力」です。この二つの要素が「イノベーション」を起こす上で不可欠といえます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年9/28号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-09-24

この連載について

初回を読む
新時代版 ビジネスフレームワーク集

週刊ダイヤモンド

「論理的思考(ロジカルシンキング)」と「創造的思考(クリエイティブシンキング)」の組み合わせが求められる現代社会。本連載では、論理と創造をつなげるためのフレームワークやキーワードを数多く紹介する。実は美的センスは鍛えることができる。あ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード