#35 「センス」は訓練が可能でビジネスにも生かせる

【インタビュー】
佐宗邦威(BIOTOPE代表/チーフ・ストラテジック・デザイナー)

東京大学法学部卒業、イリノイ工科大学デザイン研究科修了。P&Gを経て、ソニーで全社の新規事業創出プログラムの立ち上げなどに携わる。退社後、戦略デザインファーム「BIOTOPE」設立。

 「創造の本質」とは何か。それは、「自分がやりたいと思ったことを必死に形にする行為」と考えています。僕は(新規事業創出プログラムの立ち上げなどに携わった)前職のソニーでの経験からも、内面から湧き出るような圧倒的な熱意の有無が実際問題、ビジネスの結果をも大きく左右すると感じていました。デザイン思考はその際の手段となるものです。

 ビジネスパーソンは他人の課題を解決して価値を生むのに慣れているが故、何かを創造する際も他人のためにやりがちで“自分ごと”になりづらい場合が多い。「内面から湧き出る創造性」の大事さを伝えたいとの思いが、新著(『直感と論理をつなぐ思考法』、2019年)でのメッセージにもつながっています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN

佐宗 邦威
ダイヤモンド社; 1版
2019-03-06

この連載について

初回を読む
新時代版 ビジネスフレームワーク集

週刊ダイヤモンド

「論理的思考(ロジカルシンキング)」と「創造的思考(クリエイティブシンキング)」の組み合わせが求められる現代社会。本連載では、論理と創造をつなげるためのフレームワークやキーワードを数多く紹介する。実は美的センスは鍛えることができる。あ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード