新しいiPhoneはなぜインパクトがないのか? IT化の波【第6回】

新型iPhoneが発表されたにも関わらず、かつての興奮がありません。なぜでしょう? 次にアップルが私たちに興奮をもたらすのは、一体いつになるのでしょうか? そこの辺りを、掘り下げて考えてみました。

 去る9月10日に、新しいiPhoneが発表になりました。しかし、かつてほどの興奮もインパクトもありません。5sも5cも実に魅力的な商品ですが、良くも悪くも今までの正常進化系に過ぎず、初期のiPhoneやiPadのようなワクワクとしたは興奮がありません。

 このワクワク感のなさを、ジョブズ死去に求める人も多いでしょう。確かにそういう要素も否めないのではないかと思います。しかし実際のところ、ジョブズはガン闘病で、会社にずっと来ていませんでした。ティム・クック政権は2011年以降からではなく、実質的に2008年頃からだったのです。それでも無事にMacBook Air やiPadといった製品やSiriのような技術が生まれ、アップルは劇的に売り上げを伸ばし続けたのです。ジョブズ喪失は確かにアップルにとって大きな痛手ですが、ジョブズなしでイノベーションできないといった見方にはかなり違和感を感じざるを得ません。

アップルはそもそもイノベーティブか?
 そもそも、アップルは本質的な意味でのイノベーティブな会社なのでしょうか? GUIも、iPodもiPad さえも、そして、今回の指紋認証でさえ、常に先例があったのです。アップルの強みは、そうした「イマイチ」な製品を磨き上げ、新たな命を吹き込んで世の中に送り出すところにあると言えるでしょう。

 具体的にはどこを磨き上げたのでしょうか? アップルというと「美しい製品デザイン」が語られますが、それは本質的な強みではないと思うのです。アップルの本当の強みは、テクノロジーをよりいっそう身近にしてくれる卓抜したインターフェイス・デザインにあるのです。そして、このインターフェイス・デザインの秀逸さこそが、アップルをイノベーティブな会社と言わしめている所以でしょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか?

松井博

現在、IT革命によって世の中の仕組みが急速に変わりつつあります。産業、政治、就労、コミュニケーション…… 影響を受けない分野はありません。未来はどうなっていくのか、こうした時代が私たちにどんな選択を迫ってくるのか、元アップル管理職の松...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Singulith 「アップルの本当の強みは、テクノロジーをよりいっそう身近にしてくれる卓抜したインターフェイス・デザインにある」 https://t.co/vnBQgpi4sT 約4年前 replyretweetfavorite

bar_bossa これ、面白いなあ。今って本当に面白い時代だなあ。 4年以上前 replyretweetfavorite

hidetaka_kitano イパクト大の内容! QT 4年以上前 replyretweetfavorite

masdaq アップルの本当の強みは、テクノロジーをよりいっそう身近にしてくれる卓抜したインターフェイス・デザインにあるのです。そして、このインターフェイス・デザインの秀逸さこそが、アップルをイノベーティブな会社と言わしめている https://t.co/8ST0qK8pGg 5年弱前 replyretweetfavorite