#32 ユーモアと心理的安全性/デザイン・フィクション/ムーンショット

左脳と右脳を行き来しながら思考をデザイン
【論理と創造】のキーワード集(4)

ユーモアと心理的安全性

 「心理的安全性(Psychological Safety)」とは、おもにチーム内において「このメンバーであればリスクを取っても大丈夫だ」「自分らしくいることができる」「安心して発言することができる」と感じられるような状態をいう。このような状態においては、チームの生産性や創造性が向上するといわれている。

 元は心理学用語であり、50年ほど前から研究されてきた分野ではあるが、近年、Google社がチームにおける心理的安全性の研究結果を発表したことで、注目が集まった。

 いかにしてこうした心理的安全性を生むかだが、例えばツイッター社のCEO(当時)、ディック・コストロ氏は、社内にコメディーのクラスを創設し、笑いやユーモアを社内に広めることで、心理的安全性を確保し、柔軟でクリエイティブな環境をつくろうとした。

 一方、東京大学発のイノベーション教育プログラム「i.school」では、アイデア発想のワークショップにおける「笑顔」に着目した研究を進めている。ワークショップのグループごとに笑顔の量を画像解析によって判定し、生まれたアイデアの質とどのような相関関係があるかを検証。笑顔の量が多いグループほど、これまでにないアイデアが生まれる傾向が強いという。「笑顔」もまた、心理的安全性を確保するための重要な要素といえるだろう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年9/28号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-09-24

この連載について

初回を読む
新時代版 ビジネスフレームワーク集

週刊ダイヤモンド

「論理的思考(ロジカルシンキング)」と「創造的思考(クリエイティブシンキング)」の組み合わせが求められる現代社会。本連載では、論理と創造をつなげるためのフレームワークやキーワードを数多く紹介する。実は美的センスは鍛えることができる。あ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード