第10回】本当にただのインターン?

作業部屋に入って来たインターンのウェスリーにあれこれと質問をぶつけるザック。ノーラとの関係がどうしても気になるのです。この美しい顔立ちをした青年がノーラと一緒に住んでいて、本当に何も起こらないのでしょうか……? 大人の女性に極上の恋愛を届け続けるハーレクイン社の刺激的な新レーベル”エロティカ”より、9月15日に発売された小説『セイレーンの涙――見えない愛につながれて』の一部をお届けします。

「ジョシュのところで勉強会。微積分学を教えてやる代わりに歴史のノートをもらう」

「ウェスリー、君は何を専攻しているんだい?」

 ザックは尋ねた。ノーラと若いインターンの関係を不愉快に思う気持ちを隠そうとする—身につまされて不愉快なのだ。

「生化学です。医学部進学課程にいます」

「それはすばらしい。ご両親はとても喜んでいらっしゃるだろうね」

 ザックは自分の年寄りくさい言い方に内心ぎょっとした。

「いえ、べつに」

 ウェスリーは肩をすくめた。

「うちは代々馬を扱う仕事をしてるんです。家族は僕に家に帰って家業を手伝ってほしいと思ってる。僕が医学をやるならせいぜい獣医学ですね」

 彼はマグにコーヒーを満たし、きっちりとふたを閉めた。

「もう、家族とは毎週この話になるんだ」

「私に家族と話をさせてくれたらいいのに」

 ノーラはまつげをぱたぱたさせた。

「ノーラは存在しないことになってるから。そんなこと考えないで」

 ノーラは鼻梁にしわを寄せ、愛想尽かしのふりをした。

「え?」

 ザックは言った。

「君がノーラと住んでいることをご両親は知らないのかい?」

 ウェスリーの顔がかすかに紅潮した。

「親が知らないことはたくさんありますよ。両親はここの学校を辞めさせて地元の公立学校に行かせようとしてたんです。珍しくもない経済的理由ってやつで。それでノーラが僕を一緒に住まわせ、部屋代と食事代の分働かせてくれることになったんです。家族は僕がそれをまかなえる仕事と住まいを得ていることだけ知ってます」

「君たちはどんなふうに出会った?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
セイレーンの涙—見えない愛につながれて

ティファニー・ライス

大人の女性に極上の恋愛を届け続けるハーレクイン社から、刺激的な新レーベル“エロティカ”が初めて刊行されました。これを記念してcakesでも、“エロティカ”から9月15日に発売された小説『セイレーンの涙――見えない愛につながれて』の一部...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

2young 公開しました![今なら無料!]【第10回】本当にただのインターン?| 4年以上前 replyretweetfavorite