#29 VUCAワールド/ビジョン/イノベーションの条件

左脳と右脳を行き来しながら思考をデザイン
【論理と創造】のキーワード集(1)

VUCAワールド
〈正解が存在しない世界〉

 世界はますます混沌を極めている。世界中から、政財界のリーダー3000人が集まるダボス会議。そこで、最近よく聞かれる言葉が「VUCA」だ。「VUCA」とは「変動制(Volatility)」「不確実性(Uncertainty)」「複雑性(Complexity)」「曖昧性(Ambiguity)」の頭文字を取ったもの。元は軍事用語だが、近年はさまざまな分野で用いられるようになった。

 つまり、世界の賢人たち3000人が集まっても、見通しが立てづらくなっているというわけだ。そして、その状況をGAFAのような巨大IT企業が加速させる。

 Google、Amazon、Facebook、Apple、Netflix、Alibabaなどは、「クラウド」「IoT」「フィンテック」「ブロックチェーン」「AI」「VR」といった技術を急速に発展させ、既存のビジネスモデルや市場、税制などを根底から覆している。正解が「見つからない」のではなく、そもそも「存在しない」状況なのだ。

 振り返れば、戦後や高度成長期は課題や目標が明らかであり、労働市場ではひたすら「課題解決」を求められた。いまやその従来の解決方法だけでは立ち行かなくなり、人々は「創造的な解決法」を探り始めている。何が課題なのか、問題のボトルネックは一体どこなのか……。

 これからは、自ら課題や問題を見いださなければならない。誰も問題を提起してくれないし、誰も最適な解を持っていないのだ。


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年9/28号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-09-24

この連載について

初回を読む
新時代版 ビジネスフレームワーク集

週刊ダイヤモンド

「論理的思考(ロジカルシンキング)」と「創造的思考(クリエイティブシンキング)」の組み合わせが求められる現代社会。本連載では、論理と創造をつなげるためのフレームワークやキーワードを数多く紹介する。実は美的センスは鍛えることができる。あ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード