#27 遊びと学びの融合で共感と共創を生む「レゴシリアスプレイ」とは?

幼い頃に一度は遊んだ人も多いであろう「レゴ」。たかがおもちゃと侮ってはいけない。このところ組織開発に応用できるとして、ワークショップを開く企業などが増えつつあるのだ。

 おもちゃの「レゴ」をビジネスに役立てるべく、大の大人が真剣に組み立てる──。そんな「レゴシリアスプレイ」という名のワークショップが世界各地で開かれていることをご存じだろうか。

 その概要は、レゴを直感的に組み立て、なぜその形にしたのかを言語化して相手に伝え、無意識と意識の間を揺らめきながらより深い思考を促すというもの。進行には一定の作法があり、認定資格を持った人しか、ファシリテーターを務められないとされる。

 取材班は8月下旬、ガラス大手AGCが大手素材メーカーと開いた合同ワークショップに同席。両社の若手から管理職まで社員十数人がみっちり5時間、レゴシリアスプレイを行った様子を取材した。

当日は認定資格を持つAGCの磯村幸太氏(右上)と井ノ口英明氏(その左)がファシリテーターに。Photo by Y.H.

 この日の大テーマは「多様性と創造性を発揮する組織へ」。まず参加者同士が自己紹介し、簡単な組み立ての練習を終えると、手始めに指定された五つの完成形のいずれかをまねて作る作業を行った。

 それを「仕事でワクワクしている私」というテーマで他の参加者に説明し、他の人はそれに何らかの質問をするというのが最初のワーク。この際、作ったものにどんな形でもいいから意味付けを行い、「こじつけ」でもよいから、言葉を絞り出すのが重要だそうだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年9/28号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-09-24

この連載について

初回を読む
新時代版 ビジネスフレームワーク集

週刊ダイヤモンド

「論理的思考(ロジカルシンキング)」と「創造的思考(クリエイティブシンキング)」の組み合わせが求められる現代社会。本連載では、論理と創造をつなげるためのフレームワークやキーワードを数多く紹介する。実は美的センスは鍛えることができる。あ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード