他人」が不足している今、人との関わり方をアップデートする

新型コロナウィルスが見せる世界は、目新しくはないけれど、少しずついびつに変わっていて、混乱してしまいますね。カウンセラーという究極の「他者」にも通じる、「他人が足りていないという今」は、これまでの関係性を(一時的にかもしれないけれど)変えなくてはいけない。サクちゃんはアップデートが上手なひとだ。連載第10回(毎週火曜日更新)

蘭ちゃんへ

こんにちは!
ゴールデンウィークも終わり、と言っても外出自粛中の最中、前後で何も変わらず、平日なのか休日なのかわからないままの毎日です。

わたしもあれこれ大変ではありますが、小さな子供を育て中の、保育園や幼稚園がお休みの親たちのことを想像して、いやー大変だよね!と思っています。同時に仕事とか、無理だよ。ムリムリ。

わたしはというと、普段から「働きすぎる」ということはなくて、つかれちゃうので(当たり前だけどさ)、「夜は仕事しない」と決めています。なので、ちゃんと休んでいます。在宅ワークで仕事と休みの切り替えができないとよく聞くけど、「休む」とスケジュールに入れるしかないよね。ぼちぼちやっていきましょう。

*ー*ー*

前回の蘭ちゃんの書いた日記を読んで、ああよかったなーと思いました。タイムアウトをとれて、向き合って闘うのではなく、ちいさな味方をみつけることができて、本当によかったね。

わたしは蘭ちゃんのように闘わずに、いつもすぐに諦めてばかりで、たぶんその代わりに「しょうがないから」とガマンをするクセがあったのだけど、数年前に「人生はガマン大会ではなくて、自分をよろこばせる大会なんだ」と気がつきました。それからは、休むことや楽しむことを努力してでもやっていこうと思ったので、よくわかります。まだ「努力」とか言っている時点で、発展途上中なのだけどね。

「自立とは、依存先を増やすこと」という熊谷先生の言葉、わたしも大好きです。

わたしも、普段は、友人たちの時間の隙間を少しずつ分けてもらって、一緒にごはんを食べたりお酒を飲んだりしながらおしゃべりすることで、依存先を分けることができていたのだと思います。でも、今はコロナウイルスの影響で、みんなが最優先のことだけを選んで、それ以外を諦めないといけないので、その時間が取れなくなってしまって、わたしの愛すべきたくさんの依存先は一気になくなってしまいました。とても残念です。
わたしだけではなく、きっと同じような思いをしている人がたくさんいるのだろうなと思います。人と会えず、結果的に自分に向き合うしかない時間のなかで、ひとりで考えてぐるぐると堂々巡りをして苦しくなってしまっているのではないかと。

*ー*ー*

今年に入ってからはじめた仕事がひとつあって、それは「雑談」です。応募してくれた方とカフェで90分間雑談をするのですが、人と話すことで、ひとりで考えるよりもわかることがあったり、うっかり何かが出てきたり、整理整頓できたりと、とても面白く、いい仕事だなと感じていました。そんな矢先にこの状況になり、会って話すことはできなくなってしまいましたが、今、さらに「雑談」は必要だと思います。

わたしはカウンセリングのプロではないのと、悩みや問題が特になくても人と話す時間があったほうがいいと思って、「雑談」と言っています。1ヶ月半くらいの期間に、60人ほどの方と雑談をしました。

わたしがしていることは、「ここではなんでも話していいよ」という場をつくること、相手の話を否定せずに聞くことなのだと思っています。意味がなくても、結論や大きな学びがなくても、なんでも話していい場はなかなかないし、友人同士であっても自分の話ばかりをしてはいけないと躊躇したり、許可できずにいる人が多くいるのだなと実感しました。

「人間関係」というとき、自分と誰かの点と点を結ぶ矢印や線をイメージする人が多いと思うけど、わたしは、自分と相手の間にあるもののことだと思っています(以前も書いたね)。

会話も同じで、自分と相手の間に出し合っていく共同作業なのですが、関心が自分の内側にだけ向いていると、相手の話をちゃんと聞いて受け取ることがむずかしいのです。相手が机の上に出したものを一緒に眺めるのではなく、「自分の考えや意見」を言おうとしてしまいます。他人の話なのに、自分の話にしてしまうような感じです。

関心が自分だけに向いていて相手に関心をもっていないと、それはちゃんと伝わるので、どれだけ長時間話しても、なんだか虚しくなってしまいます。

そういうようなことは日常的にあって、会話はそう簡単ではないと感じているので、「雑談」を仕事にする価値はあると思っています。

*ー*ー*

今、人に会うことができなくなって、圧倒的に足りないものは「他人」だと毎日感じています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
サクちゃん蘭ちゃんのそもそも交換日記

土門蘭 /桜林直子

東京でクッキー屋さんをしている「桜林直子(サクちゃん)」と、京都で小説家として文章を書く「土門蘭(蘭ちゃん)」は、生活も仕事も違うふたりの女性。この連載は、そんなふたりの交換日記です。ふたりが気が合うのは、彼女たちに世界の「そもそも」...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

usabake_ 今日のサクちゃんはめちゃくちゃ染みる。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

yossyfumi 雑談屋さん!やってみたいし、お願いもしてみたい。 https://t.co/I9G1QmbhC4 4ヶ月前 replyretweetfavorite