第7回】J・Pの忠告

原稿の編集作業をするにつれ、ノーラの類い稀なる才能に引き込まれていくザック。上司のJ・Pも満足気です。しかし彼はザックとノーラの関係を疑っている様子で……。大人の女性に極上の恋愛を届け続けるハーレクイン社の刺激的な新レーベル”エロティカ”より、好評発売中の小説『セイレーンの涙――見えない愛につながれて』の一部をお届けします。

 ザックは原稿を閉じて反応を待った。J・Pが口笛を吹くと、ザックは眉で問いかけた。

「けっこうむらむらさせられるな」

 J・Pはにやりとした。

「なかなかいいでしょう? 内容は少し落ち着きませんが、文章は……」

「彼女には才能がある。言ったとおりだろ。これでもう私を殺すのはやめてくれるとありがたいね」

「あなたを殺す?」

「そうだ。君にサザリンを押しつけたから」
 ザックは笑った。

「もうあなたを殺すつもりはありませんよ。でも、教えてください—彼女と仕事ができる、する気のある編集者は、本当に僕だけだったんですか?」

「ほかの誰かを引っぱり出すこともできただろうな。だが君ほど優秀な者はひとりもいない。そもそも、サザリンが君をリクエストしたんだ」

 ザックは驚いて顔を上げた。

「彼女が?」

「名指しだったわけじゃない」

 J・Pは少しばつが悪そうな顔をした。

「彼女は自分をいちばんきつく鞭で叩いてくれる編集者を担当にしてくれと、私に言ったんだ。真っ先に君の名前が頭に浮かび、それ以外は出てこなかった」

「僕は彼女を“鞭で叩いて”なんかいませんよ」

「君ならそれをなんと表現する?」

 J・Pの目が邪悪に光る。

「本の話ですよね」

「そうだ。君がローズのパーティーを一緒に抜け出した、きわめて美しい小さな書物」

「僕はプロです」

 ザックは落ち着いて言った。

「自分の作家と寝たりしません」

 自宅のアパートメントまでタクシーに乗ったあと、危うくノーラを家に誘うところだった面目ない話は省いた。彼女がこれほどすみやかに僕のふところに入りこんだことがいまだに信じられない。十年間の結婚生活で、一度もグレースに対して不義を働いたことはなく、そうしたいとも思わなかったのに。

「私もサザリンに会ったことがある。君がそうしたとしても責めないよ。だがちょっとショックだな。あの“著者など知らん、作品だけが肝心だ”の主義に何があった?」

「彼女について少々潔癖すぎる物言いをしたのは認めます。彼女はいい作家です。この作品は可能性を秘めている。もし僕が彼女に入れあげているとすれば、それは単にこの作品に入れあげているからです。だが彼女は完全にいかれてる。その点、僕は正しかった」

「サザリンは物書きだ。物書きはいかれてることになってる」

「少なくとも勤勉ないかれた物書きですが。彼女はすでに、僕が命じたとおり、各章のあらすじとストーリーの新しい概要を送ってきました」

「どうだね?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
セイレーンの涙—見えない愛につながれて

ティファニー・ライス

大人の女性に極上の恋愛を届け続けるハーレクイン社から、刺激的な新レーベル“エロティカ”が初めて刊行されました。これを記念してcakesでも、“エロティカ”から9月15日に発売された小説『セイレーンの涙――見えない愛につながれて』の一部...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shougapan ありがとうございます! 5年弱前 replyretweetfavorite

nest1989 製品版読んでる。中巻の真ん中まで来た。面白い! 5年弱前 replyretweetfavorite