妻「優しさの本気を少しだけ出してみた」

美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまと、3歳になった息子を育てる樋口毅宏さん。今回は2019年2月5日の日記をお届けします。前回の日記はこちらからどうぞ。

2月5日

ふさは咳のことで謝り、俺はふさに、巻き込んでごめんと謝った。

かずふみを保育園に送った後、眠れるかと思いきや眠れず。

ふさが大阪に行った後ベッドから這い出て、鏡の中の酷い顔をした男に訊ねる。

自殺したいか?
すべて終わらせたいか?

2006、7年。女にフラれ、作っていた本が無くなった。
「今が生きてていちばん苦しい」
と、当時の妻の背中に抱きついて泣いた。

最低だろ。最悪だろ。

2009年、作家になり、自尊心を満たされて、親父と祖父の自死から逃れられたと思っていた。

しかし昨年亡くなった母親の、俺が長年あげてきた金の使い道を知り、膝から力が抜けた。

親父の自殺は、おふくろの晩年を苛み続けた。

俺も親父の自殺からやっと逃れられたと思っていたのに。

2019年、そしたら今度は、遥かに大きな悩みがやってきた。

不眠の原因は3つ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Baby Don't cry 〜赤ちゃんと俺とキレ妻と〜

樋口毅宏

伝説の育児日記が帰ってきた!『おっぱいがほしい!——男の子育て日記』で、各方面を騒然・唖然・呆然とさせた作家の樋口毅宏さんが、満を持してcakesで続編をスタート!美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛ん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません