スマホで“未来”を予測するための情報収集のポイント

「堀江さんは、どうして未来のことがわかるのですか?」と聞かれるが、みんな、微妙に勘違いしている。『スマホ人生戦略 お金・教養・フォロワー35の行動スキル』(5/11発売)から、堀江貴文が、スマホ1台で「お金」「人間関係」「知識・教養」の問題をクリアし、未来を切り開く方法を指南する。
  • [POINT 1]手持ちの情報を総合して考えれば、相対的未来は予想できる
  • [POINT 2]スマホで質のいい情報を手に入れて、精度高く未来を予測しよう
  • [POINT 3]情報を得る分だけ、未来についての不安は消える


どうして未来のことがわかるのか?

「堀江さんは、どうして未来のことがわかるのですか?」と、たびたび聞かれる。

YouTubeやメルマガでさまざまな時評を展開していて、「あのビシネスは将来、こうなるだろう」「○○(製品名)はいずれ××に進化していく」など、未来予測もたまに述べている。それが、ことごとく当たっているのだ。

例えば僕は10年近く前から、家電製品や電子機器にはジェスチャー機能が搭載されると言ってきた。近年、手をかざすだけでON・OFFできる照明やリモコンの装置が開発され、徐々に普及してきた。スマホでも一部のものはジェスチャー機能が使えるが、やがてすべてをジェスチャー機能で使えるモデルが現れるだろう。

どうして未来のことがわかるのかと聞かれても、正直、困ってしまう。いや、誰でもわかるでしょ!? という気持ちだ。みんな、微妙に勘違いしている。僕が述べている未来はすべて「相対的未来」だ。「絶対的未来」とは、かなり違う。

「相対的未来」とは、既存の情報をもとに仮説を立てて予測することが可能な未来だ。だから、手持ちの情報の質と思考のレベルが高ければ予測の精度は上がる。

一方の「絶対的未来」とは、思考のベースとなる情報が確定しない未来だ。これを予測しようとすれば「当てずっぽう」の域を出ることはできない。

例えばこういうことだ。「明日のドルと円のレートは?」と聞かれても、仮説を立てる根拠がはっきりと固定できない。だから、「それは絶対的未来なので、わかりません」としか答えられない。

同様に、仮想通貨は今後また盛り返しますか? などと聞かれても「盛り返すかもしれないし、そうじゃないかもしれない」としか言えないのである。どんなに詳しい専門家でも、だ。

絶対的未来には、正解を出すための方程式はない。例え正解が出たとしても、理論上の正解の数は無限にあるので、計算する意味がないのだ。

絶対的未来なんて誰にもわからない。だから、考えなくていい。

その点、相対的未来は、思考のベースとなる情報があれば予測できる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

未来を生きるビジネスパーソン必見の“スマホの真実”

この連載について

初回を読む
スマホ人生戦略 お金・教養・フォロワー35の行動スキル

堀江貴文

スマホはこれから、驚くべきスピードで進化していく。不確定な未来を生き抜く「武器」になる。スマホを駆使して、人生を変えていこう。あなたの貴重な時間を、暇つぶしだけに使っていてはダメだ。『スマホ人生戦略 お金・教養・フォロワー35の行動ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kinzeu 「八方塞がりの絶望的な状況であっても、情報が、九つ目の活路を示す救いの手となる」いいね。 4ヶ月前 replyretweetfavorite