#24 デザイン思考を世界に広めたIDEOが掲げる価値とは?

【インタビュー】
マイク・ペン(IDEO Tokyo共同代表)

Michael Peng/カリフォルニア大学バークレー校卒。ニューヨークオフィス設立に尽力した後、IDEO Tokyoを立ち上げるため、2011年に来日。以来、同オフィスの共同代表を務める。

──「デザイン思考」をかみ砕いて説明するとしたら、どのように説明しますか?

 「問題解決やアイデアを創出するための、クリエイティブなアプローチ」です。その際、人間中心に考えることを主軸にして、アイデアの源泉を求めます。

 IDEOは、企業全体に影響を及ぼすような課題やビジネス、社会や行政に関する大規模で複雑なシステムのデザインも手掛けるようになりました。そのときに、デザイナーがアイデアを考えるときと同じアプローチを使うのです。それが「デザイン思考」と呼ばれるゆえんです。

──「人間中心」とはどういうことでしょうか。

 「常に人を中心に考える」という、デザイン思考を実践する上での基本的なマインドセット(編集部注:価値観や信念)です。事業としての可能性、技術的な実現性、そして何より、それが人の求めるものかどうか、ということが最も重要です。

 ですから、われわれは課題にアプローチするとき、常に「なぜ人がそれを使いたいと思うか」「なぜ人がそれを好きだと感じるか」「今後それをどのように使う可能性があるか」などを深く考えます。作り手と使い手、双方を理解するところから始めるのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年9/28号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-09-24

この連載について

初回を読む
新時代版 ビジネスフレームワーク集

週刊ダイヤモンド

「論理的思考(ロジカルシンキング)」と「創造的思考(クリエイティブシンキング)」の組み合わせが求められる現代社会。本連載では、論理と創造をつなげるためのフレームワークやキーワードを数多く紹介する。実は美的センスは鍛えることができる。あ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード