#23 「デザイン思考」とは何か?

【IDEO関係者の書籍やコメントを基に解説】

 「デザイン思考」とは何か。「以前から耳にはするが、よくわからない」という人も多いかもしれない。その理由は、デザイン思考が「派生」と「進化」を繰り返しているからだ。

 デザイン思考は、米国のデザインコンサルティング会社、IDEO(アイデオ)が1980年代につくり出したものだ。その後、世界中に広がり、デザイン思考をカスタマイズした手法や、独自解釈したものなどがさまざまなところで生まれた。さらに社会状況とともにデザイン思考も進化を続けているのだ。

 わかりやすく理解してもらうため、ここでは、「本家」ともいえるIDEO関係者の書籍やコメントを基に解説する。

 まず、デザイン思考の根底の哲学は、「人間はみんなクリエイティブだ」である。これは、IDEO創設者のデイヴィッド・ケリー氏と共同経営者のトム・ケリー氏が記した書籍『Creative Confidence』(創造力に対する自信)のタイトルにも表れている。自分の創造力を信じることが、イノベーションが起こる上での核となる。自身はクリエイティブ系ではないとか、絵心がないとか、そういった「信じ込み」や「バイアス」は捨てなければならない。むしろそれらは言い訳であり、開花のタイミングだけで、人間は誰でも無限の創造性を秘めているという。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年9/28号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-09-24

この連載について

初回を読む
新時代版 ビジネスフレームワーク集

週刊ダイヤモンド

「論理的思考(ロジカルシンキング)」と「創造的思考(クリエイティブシンキング)」の組み合わせが求められる現代社会。本連載では、論理と創造をつなげるためのフレームワークやキーワードを数多く紹介する。実は美的センスは鍛えることができる。あ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード