#21 ペルソナ/カスタマージャーニーマップ/デプスインタビュー

新たな価値を生むための
【創造的思考】のフレームワーク集(3)

ペルソナ

 誰のどのような問題を解決するのかを明らかにする手法

 名前、年齢、職業、こだわりなど、仮の顧客像(=ペルソナ)を設定し、顧客の目線で行動や心理を理解する。また、ターゲットが明確となるため、関係者間の認識のズレを防ぐことにも役立つ。

 ペルソナの有名な成功事例が「Soup Stock Tokyo」だ。コンセプトをスタッフへ共有するために活用。一丸となったSoup Stockはその後、急成長を遂げる。

商社に勤める遠山正道氏が「Soup Stock Tokyo」の起業について記した『スープで、いきます』(新潮社)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年9/28号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-09-24

この連載について

初回を読む
新時代版 ビジネスフレームワーク集

週刊ダイヤモンド

「論理的思考(ロジカルシンキング)」と「創造的思考(クリエイティブシンキング)」の組み合わせが求められる現代社会。本連載では、論理と創造をつなげるためのフレームワークやキーワードを数多く紹介する。実は美的センスは鍛えることができる。あ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード