#20 リフレーミング/マンダラート

新たな価値を生むための
【創造的思考】のフレームワーク集(2)

リフレーミング

 ネガティブな捉え方を転換してポジティブに捉える、心理療法などで活用される手法。

 この手法を応用し、現在の視点(フレーム)とは別の視点で見ることで、問題の中から解決のためのアイデアや機会を見いだす

 たとえばジョギングの後、ペットボトルに半分の水が入っているのを見て、「半分も残っている」と思う人もいれば、「半分しかない」と思う人もいる。まったく同じ図を見て、「白い壺」に見える人もいれば、「人が向き合っているシルエット」に見える人もいる。

 見えているものの「意味」は、自分の捉え方次第であり、視点や考え方を変えることで、「意味」を変えることができるのだ

 リフレーミングの事例で有名なものに、『トム・ソーヤーの冒険』の話がある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年9/28号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-09-24

この連載について

初回を読む
新時代版 ビジネスフレームワーク集

週刊ダイヤモンド

「論理的思考(ロジカルシンキング)」と「創造的思考(クリエイティブシンキング)」の組み合わせが求められる現代社会。本連載では、論理と創造をつなげるためのフレームワークやキーワードを数多く紹介する。実は美的センスは鍛えることができる。あ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード