#16 医薬品開発とプロジェクトマネジメント

【事例に学ぶ・インタビュー】
杉浦めぐみ(日本イーライリリー 研究開発本部)

 世界120カ国以上で事業を展開する製薬企業、イーライリリー・アンド・カンパニー。日本支社で医薬品開発のプロジェクトマネジメント(#14参照)を担当する杉浦めぐみ氏に、プロジェクトマネジメントの活用について語ってもらった。


 プロジェクトマネージャーは、不確実性の高い中で意思決定をしていかなければなりません。

 選択肢が複数あった場合、いずれを選んでも必ずリスクはつきまといます。「臨床試験で想定外の副作用は出ないか」「患者さんは最後まで協力してくださるか」「開発が予定期間内に終わるか」といった、ネガティブなことが起こるのではないかと、不安に駆られることも多くあります。

 そのようなとき、プロジェクトマネジメント(PM)の「リスクマネジメント」という考え方が役立っています。リスク発生確率はどのくらいか、リスク発生時の影響度はどのくらいか、もし問題が起こった場合はどのように対処するべきか、これらをあらかじめ洗い出し、対応を計画しておきます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年9/28号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-09-24

この連載について

初回を読む
新時代版 ビジネスフレームワーク集

週刊ダイヤモンド

「論理的思考(ロジカルシンキング)」と「創造的思考(クリエイティブシンキング)」の組み合わせが求められる現代社会。本連載では、論理と創造をつなげるためのフレームワークやキーワードを数多く紹介する。実は美的センスは鍛えることができる。あ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード