#13 事象の背後にある構造を明らかにする「システム思考」の基本概念

「因果応報」や、風が吹くと巡り巡っておけ屋が繁盛する「風が吹けばおけ屋がもうかる」。一見関係のないような要素でも、実は見えないところで連続していることを表現した言葉だ。

 こうした言葉が存在するように、昔からわれわれは、物事のつながりを大切にしてきた。世の中の事象は、さまざまな要素がお互いに影響を与えながら成り立っている。「システム思考」は、こうした世の中のあらゆる事象を「システム」として捉える。

 では、一体どこまでをシステムと呼ぶのか。システム思考においては、何らかの要素が影響し合っているものであれば、全てシステムだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年9/28号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-09-24

この連載について

初回を読む
新時代版 ビジネスフレームワーク集

週刊ダイヤモンド

「論理的思考(ロジカルシンキング)」と「創造的思考(クリエイティブシンキング)」の組み合わせが求められる現代社会。本連載では、論理と創造をつなげるためのフレームワークやキーワードを数多く紹介する。実は美的センスは鍛えることができる。あ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード