#12 車のブレーキ開発とシステムズエンジニアリング

【事例に学ぶ・インタビュー】
河野文昭(アドヴィックス 技術統括部主査)

 自動車用ブレーキシステム開発において国内でトップシェアのアドヴィックス。同社で技術統括部の主査を務める河野文昭氏に、システムズエンジニアリング(#10参照)の有用性について語ってもらった。


 車のブレーキは、機能がきちんと働かないと人命に関わります。車の走行を止めることはもちろん、走行中に勝手に止まってもいけません。ブレーキは、快適さだけではなく「安全」と向き合う必要があります。

 こうした安全に関しては、国際規格「ISO 26262」で基準が定められています。これを読み解いていくうちに、ISOの対応に「システムズエンジニアリング(SE)」が適用できると考えました。

 これまでは、安全に関する一つ一つの問題や課題に対しては、その都度、対応していました。しかしSEと照合したときに、「点」の対応が「線」となってつながり、全体像を把握しやすくなったのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年9/28号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-09-24

この連載について

初回を読む
新時代版 ビジネスフレームワーク集

週刊ダイヤモンド

「論理的思考(ロジカルシンキング)」と「創造的思考(クリエイティブシンキング)」の組み合わせが求められる現代社会。本連載では、論理と創造をつなげるためのフレームワークやキーワードを数多く紹介する。実は美的センスは鍛えることができる。あ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード