150万ダウンロード、怒濤の普及率 山アプリ「ヤマップ」の凄み

【山の新勢力②】
かつて、登山者の必需品だった紙の地図。今、それがスマートフォンの登山アプリに置き換わりつつある。

 登山アプリとは、携帯電話の電波が圏外の山中でも、あらかじめダウンロードした地図とGPS(衛星利用測位システム)情報を連動させ、自分の山中での位置を正確に把握できるというもの。そのトップシェアを占めるのが、150万ダウンロードの記録を持つ「ヤマップ」だ。

 ヤマップの特徴はGPSナビゲーションだけではない。同じルートを歩いた人の山行記録が閲覧できるコミュニティー機能が付いており、技量と経験が自分と同じくらいの人をアプリ上で探して、一緒に山に行くこともできる。いわばデジタル山岳会としても使えるのだ。


山中でも自分の位置が分かるヤマップ。3000の山に対応

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年10/5号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-09-30

この連載について

初回を読む
日本の山が危ない 登山の経済学

週刊ダイヤモンド

山地が国土面積の6割以上を占める日本で、日本人は古くから山に親しんできた。近年のブームもあり登山というレジャーは国民に広まり、シーズンには有名山岳は老若男女の登山愛好家でごった返す。ところが、その登山を支える構造に今、異変が起きている...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード