#10 「システムズエンジニアリング」システムを成功に導く方法論

【事例に学ぶ】
各業界には、優れた事例を集めてフレームワーク化・体系化したものや方法論が存在する。その中から一部を紹介しよう。

 「SE」と聞いて何を連想するだろうか。コンピューターシステムやソフトウェアを扱うエンジニアを思い浮かべる人もいるだろう。しかし現代においては、上記の意味で「SE」という言葉を使っても海外ではなかなか伝わりづらい。

 では、海外では一般に「SE」は何を指すか。それは「システムズエンジニアリング」である。

 システムズエンジニアリングにおける「システム」は、コンピューターやソフトウェアに限らない。機械、建築、都市、社会、宇宙、サービス、組織、法律など、あらゆる仕組みを「システム」と捉える。システムズエンジニアリングは、こうしたシステムを成功に導くための方法論(アプローチや手段)である。わかりやすく言えば「手引き」のようなものだ。

宇宙業界や航空業界を発端にさまざまな業界へ

 その原型といわれているのが、人類初の有人宇宙飛行計画「アポロ計画」で用いられた手法である。これは、システム開発を複数の段階に分け、それぞれの段階で検査を行って次へ進む「段階的プロジェクト」と呼ばれるもので、アポロ計画を成功に導いた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年9/28号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-09-24

この連載について

初回を読む
新時代版 ビジネスフレームワーク集

週刊ダイヤモンド

「論理的思考(ロジカルシンキング)」と「創造的思考(クリエイティブシンキング)」の組み合わせが求められる現代社会。本連載では、論理と創造をつなげるためのフレームワークやキーワードを数多く紹介する。実は美的センスは鍛えることができる。あ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード