#8 「具体と抽象」の往復で発想力を向上できる

【インタビュー】
細谷 功(ビジネスコンサルタント、著述家)

ほそや・いさお/東京大学工学部卒業。東芝、アーンスト&ヤングなど経て、2012年よりクニエのコンサルティングフェローに。『具体と抽象』(dZERO)など著書多数。

 思考する上で大事な方法論の一つが、「具体」と「抽象」の往復です。10年ほど前から著書などでこうした考えを伝えてきましたが、世の中では具体と抽象がごちゃ混ぜになった議論が多く、特にネット上では双方の主張がかみ合っていない状態があまりにも多いと感じていました。それが数年前に著書『具体と抽象』を書く一つのきっかけとなったのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

具体と抽象

細谷 功
dZERO(インプレス)
2014-12-01

この連載について

初回を読む
新時代版 ビジネスフレームワーク集

週刊ダイヤモンド

「論理的思考(ロジカルシンキング)」と「創造的思考(クリエイティブシンキング)」の組み合わせが求められる現代社会。本連載では、論理と創造をつなげるためのフレームワークやキーワードを数多く紹介する。実は美的センスは鍛えることができる。あ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード