好き」の種類は相手の数だけある

複数の人と同時にそれぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイル「ポリアモリー」。ポリアモリーとして生きるきのコさんのもとには、日々さまざまな質問やお悩みが届きます。今回は、「ポリアモリーかつバイセクシャルって、いるもんですか?」という質問にお答えしていきます。


※きのコさんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください!HN・匿名でもかまいません。

こんにちは、きのコです。

先日、「ポリアモリーかつバイセクシャルって、居るもんですか?」と質問をいただきました。

そこで今回は、ポリアモリー当事者にあるあるなセクシャリティの話をしていきたいと思います。

まず結論からいうと、ポリアモリーかつバイセクシャルな人、いっぱいいます!

ポリアモリーの半数がバイセクシャルという調査結果もあるそうです。

ちなみに私自身は、ポリアモリーでパンセクシャルでジェンダークィアです。

それぞれどのような意味なのか、説明していきましょう。

”好き”の種類は相手ごとに全部違う

ポリアモリーとは、関係者全員の合意のもとで、同時に複数の人とお付き合いすることをいいます。

私個人は、必ずしも「複数人とお付き合いしたい!」と思っているわけではないのですが、友人は複数いてもいいのに恋人は複数いてはいけない、というのがいまひとつ理解できません。恋愛感情と友情、恋人と友人を区別する必要性がよく分からない…という感覚があります。

パンセクシャルとは、すべてのジェンダーが恋愛対象となることです。「好きになる時に相手のジェンダーが条件にならない」点が、バイセクシャルとの違いといえると思います。

私の場合、人を”性別によって”好きになる、”好意”を性別によって区別する、という感覚がよく分かりません。他人の性別を分けたくない、決めたくない。誰かを好きになるときに、相手の性別にはあまり興味がないのです。

より丁寧に言えば、自分の「誰かを好ましく想う気持ち」は相手のジェンダーにはあまり左右されず、”好き”の種類は相手ごとに全部違う、と感じています。

そもそも「性別」という概念そのものがよく分からない

以前は私はバイセクシャルと自称していましたが、パンセクシャルという言葉を知ってから、こちらの言葉を使うようになりました。このパンセクシャルという自称にはある意味での”主義”というか、男女二元論に対する抵抗も込めているつもりです。

私はパンセクシャルのポリアモリーですが、バイセクシャルのポリアモリーもいるし、もちろんヘテロセクシャルのポリアモリーもいます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし、恋人が2人います。

きのコ

「ポリアモリー」という言葉をご存じでしょうか? ポリアモリー(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのことをいいます。浮気でも不倫でも二股でもない「誠実で正直な複数恋愛」とはどのようなものなの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

rlMQbcN4cgemXKz ポリアモリーかつバイセクシャルって居るもんですか?と質問したらきのコさんが記事でお答えしてくれました。 良かったらみなさんも読んでみてください! https://t.co/sH3u30Cu1x 約2ヶ月前 replyretweetfavorite