結婚という風習や、恋愛という行為に、そもそも意味はあるのか」というミもフタもないことを白河桃子さんと話した 【恋と性愛の研究と実践】

AV監督の二村ヒトシさんと少子化ジャーナリストの白河桃子さんの対談、いよいよ最終回です。冒頭から、白河さんが語る「ジャニーズが日本の家庭を守っている」論に始まり、フランスの結婚観、人生でたったひとりの伴侶を選ぶ大変さについてお話してます。「ひとりの相手に決めきれない」「恋ができない!」という人、必読です。

ジャニーズによって、日本の家庭は守られている!

白河 そういえば、最近ふと「日本の家庭の平和は、ジャニーズ事務所が守っているんじゃないか」と思ったことがあったんですよ。

二村 なんすか、それ!? おもしろい。

白河 近年まで、日本人は「癒し」というものを家族に求めている部分が多かったと思うんです。でも、それが家族制度の崩壊とともに、どんどん「家族じゃない人」や「存在」が背負うようになってきているんですよ。

二村 その「家族に取って替わる、新しい癒しの存在」が、男性アイドルか……。

白河 たとえばなんですけど、以前だったら大晦日には家族揃って過ごすのが当たり前でしたが、ここ数年は、大晦日にあるジャニーズのカウントダウン・ライブに主婦が行くケースがすごく増えているんです。

二村 家族じゃなくてジャニーズの男の子と、年末を過ごしたいってことですね(笑)。女性が「芸能人に片想い」するのは、僕は、すごくいいことだと思うんです。

白河 この前ジャニオタの専業主婦の人が出てくる漫画を読んだんですけど、おもしろい描写があって。そのジャニオタ主婦の家では、家族写真の横に嵐の二宮くんの写真が置いてあるんです。それでお客さんに「これはなんですか?」と聞かれると「家族写真です。ニノは、家族と同然だから」って言うんですよ。もう「日本の家庭の平和は、嵐によって守られているんじゃないか!」と錯覚してしましたよ(笑)。

二村 お父さんが知らない間に、家族の一員が増えているというケース……(笑)。男たちのインチキ自己肯定だらけの社会だから、女性はみんな理想を求めてジャニーズに走っちゃうんですかね。

白河 ジャニーズだけじゃなく、お母さんたちの恋心を上手に取り込むビジネスが流行しているわけですから。戦隊ヒーロー番組にはイケメン俳優が大勢出演していて、子どもだけじゃなく、お母さんたちがハマっているとか。ちゃんと市場を押さえているんですよね。

二村 日本の家庭では、結婚してしまうと男女が「お父さん・お母さん」になってしまうので、男女の色っぽい関係がなくなってしまうというお話もありましたよね。だからこそ、【男】ではなくなったお父さんの代わりに、お母さんは「アイドル」を男の代替物にしているわけですね。

白河 浮気して外に行っちゃうよりは、よっぽどいいと思います。

女性化していく社会

二村 ものすごく根本的な問題かもしれないんですけど、聞いていいですか? そもそも結婚って必要な制度なんでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
キモい男、ウザい女。

二村ヒトシ

アダルトビデオ監督・二村ヒトシさんが、男女の関係性を探り、自分自身を語っていく連載です。現代の日本に生きる私たちほぼ全員が「キモチワルい男」であり「めんどくさい女」であるという、恐ろしすぎる【見立て】からはじまるこのお話。なぜ現代の恋...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

uc5 @aoi_kobako たまたまケイクスでみた連載が面白くて気になってん…有料だから途中までしか読めないけども。誕生日いつだっけ! https://t.co/JdnSoFmOUS 4年弱前 replyretweetfavorite

tommynovember7 イマイチ煮え切らない。 5年弱前 replyretweetfavorite

larcfortdunord 第25回  「恋というのはエゴイズム」流石です、二村さん。 約5年前 replyretweetfavorite