バイオレンスの巻

バンドマンなのに革ジャンが似合わない、ロックバンドのボーカリストなのに肩書以外過剰なところがひとつもない……カッコつけてると思われたくなくてカッコつけられない! 自意識と憧れの狭間で叫ぶ! 2020年5月下旬発売、ロックバンド・フラワーカンパニーズ鈴木圭介の自意識爆発エッセイ集『深夜ポンコツ』から傑作コラムを特別公開!「たとえ今が冬だったとしても、季節は巡る。春はまた来るのだ!」

職務質問(通称、職質)を受けたことがない。今まで一度も。なぜだ? 周りのバンド仲間(フラカンメンバー含む)は大抵、みんな1回は受けている。1回どころかリーダーはしょっちゅう受けているらしい。ただ歩いているだけなのにお巡りさんに呼び止められて、質問されたり、ボディチェックされたり、鞄の中身を見せてくれとまで言われるというのだ。

俺はない……自転車に乗っていて防犯登録されているか確認されたりすることはあるが、職質は一度もない……なぜだ?小さすぎて見えないのか? 人間がセコすぎるからか? 前髪が短すぎるからか? そもそも職質ってなんだ? 治安維持のために危なそうな奴を捕まえるため? 非合法な薬とか爆弾、ナイフ、銃とか持っていないか確かめるため? バンドマンは大体普通じゃない格好や顔をしているからみんな職質を受けるの? だとしたらそれはバンドマンにとって恥でも何でもなく勲章だ。ロックバンドたるもの危険な匂いのひとつもなければ魅力がない。昔からロックの魅力のひとつには必ずバイオレンスがある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
深夜ポンコツ

鈴木圭介

バンドマンなのに革ジャンが似合わない、ロックバンドのボーカリストなのに肩書以外過剰なところがひとつもない……カッコつけてると思われたくなくてカッコつけられない! 自意識と憧れの狭間で叫ぶ! 2020年5月下旬発売、ロックバンド・フラワ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

bambi_012 |鈴木圭介 FlowerCompanyz |深夜ポンコツ https://t.co/rjoKDVvJRv “超ウルトラ・スーパー地味。でも19年もバンドやってんだぜ俺!しかもボーカルなんだぜ!ライブハウスに出入りし… https://t.co/4drbnioUpp 6ヶ月前 replyretweetfavorite

hrn5 一文目から笑っちゃった 警察官はちゃんと見抜いてるような気がします笑 月末に本が届くの、楽しみ☺️ 6ヶ月前 replyretweetfavorite

nemuri69 職質ブギが歌えない男… 6ヶ月前 replyretweetfavorite