海の男の巻

バンドマンなのに革ジャンが似合わない、ロックバンドのボーカリストなのに肩書以外過剰なところがひとつもない……カッコつけてると思われたくなくてカッコつけられない! 自意識と憧れの狭間で叫ぶ! 2020年5月下旬発売、ロックバンド・フラワーカンパニーズ鈴木圭介の自意識爆発エッセイ集『深夜ポンコツ』から傑作コラムを特別公開!「たとえ今が冬だったとしても、季節は巡る。春はまた来るのだ!」

俺、つくづく海が似合わねーなぁ……というのも先日、2年ぶりに奄美大島でライブをした。行けばもちろん海に入りたくなる。奄美だから。9月だし、まだ全然入れる。あいにく空は曇りで雨も少し降っていたが関係ない。何しろ奄美だ。

海パン一丁で、おそるおそる水に浸かると、水は少々冷たいものの最高の気分だ。だが写真に撮ってもらった姿を見て愕然とした。全く似合ってないのだ。海に、というより大自然に見事に溶け込んでない。浮いている。言っておくがカメラマンの腕は問題ない。他のメンバーは普通に写っているから。俺だけなんか変。なんでだ? やはり色白が原因? この夏も陽に当たってねーもんなぁ。日焼けしてもすぐ皮がめくれて前より白くなっちゃうし。そういえば海が似合う男に色白の奴っていないよなぁ。猫背も原因か?海に猫背は似合わない。犬と海は合うけど猫と海はないなぁ。海の男は絶対に胸張ってるし。猫背って自然そのものに卑屈になってる感じがするもんなぁ。なで肩も原因か? なで肩ってだけで人生に負けてるしな。完全に頼りない。即、沖に流されそう。色白、猫背、なで肩。ダメだこりゃ。海が似合うわけない。そもそもこの3つが似合う場所なんてあるのか? 少なくともアウトドアではないことは確かだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

自意識のシャウト!フラワーカンパニーズ鈴木圭介『深夜ポンコツ』(2020年5月下旬発売)

深夜ポンコツ

鈴木圭介
左右社
2020-06-08

この連載について

初回を読む
深夜ポンコツ

鈴木圭介

バンドマンなのに革ジャンが似合わない、ロックバンドのボーカリストなのに肩書以外過剰なところがひとつもない……カッコつけてると思われたくなくてカッコつけられない! 自意識と憧れの狭間で叫ぶ! 2020年5月下旬発売、ロックバンド・フラワ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

bambi_012 海の男の巻|鈴木圭介 FlowerCompanyz|深夜ポンコツ https://t.co/PdL7STQiMm “猫背って自然そのものに卑屈になってる感じがするもんなぁ。なで肩も原因か? なで肩ってだけで人生に負けてるしな。完全… https://t.co/BSIJEcm7D9 6ヶ月前 replyretweetfavorite