ホワイトボードで親子のコミュニケーションを「見える化」してみよう

現代のお父さんお母さんは、とにかく多忙! 平日は子どもとゆっくり話す時間がなかなかとれないという親御さんもいるでしょう。そこで、ちょっとしたツールを取り入れることで、限られた時間でもコミュニケーションがより濃密に楽しくなる工夫をご紹介します。放課後NPOアフタースクール代表の平岩国泰さん・著『「自己肯定感」育成入門』より特別連載でお届けします!

短い時間でコミュニケーションを
とるには道具も必要

「そういえば、最近子どもの寝顔しか見ていない」というお父さん。 「気づけば、子どもはいつも私と一緒。父親は全然、子育てに参加していない!」というお母さんは、いないでしょうか。

子どもは親に「見守られている」「関心を持たれている」という事実を知るだけで、愛情を感じて安心します。そして、それが自己肯定感の源にもなります。 昭和の時代と比べて父親が子育てに関わる割合も時間もかなり増えてきましたが、それはあくまで昔と比べれば、の話です。

平日の帰宅は深夜に及び、子どもと会話する時間もなかなかとれない、というお父さんはまだまだ多くいるでしょう。 もちろん逆のケースもありうると思いますが、そんなふうに、親のどちらかが顔も合わせられないくらい忙しい場合は、どうすればいいのか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

【発売後たちまち4刷】子どもが12歳になるまでに親が読んでおきたい一冊!

この連載について

初回を読む
子どもの「やってみたい」をぐいぐい引き出す! 「自己肯定感」育成入門

平岩国泰

「やってみたい」「きっとできる」が口グセの子どもはどう育つ? 5万人の子どもと向き合ってきたNPO代表が提唱する新しい子育ての基本。全国の親御さんから大反響の子育て本『「自己肯定感」育成入門』より特別連載でお届けします!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません