「竹内栖鳳展 近代日本画の巨人」展—観察と写実が描き出す、生きとし生けるものの本性

毎週注目の展覧会を紹介するアート連載。今回取り上げるのは、東京国立近代美術館で開催中の「竹内栖鳳展 近代日本画の巨人」展。竹内栖鳳? なんて読むの? と思う方が大半かもしれませんが、実は、横山大観と肩を並べられるほどの日本画界の有名人なのです。大御所でありながら、日本画の「型」の模倣にとどまらずに独自の道を築いていった栖鳳の魅力をひもといていきます。

こんにちは。少し間が空いてしまいましたが、お元気でしょうか。今回も、最新の美術展をご紹介していきます。

東京・竹橋にある東京国立近代美術館へは、行ったことがありますか? こちらの館は、まずもってロケーションがすばらしい。目の前が皇居なので、眺望が開けていて心地いいのです。常設展示室内の休憩所からは、皇居の緑を見下ろすことができて、それだけでも訪れる価値ありです。

いまなら企画展も大いに興味をそそられるものが開催中ですから、いっそうお勧め。1階の広大な展示スペースを使って展開されているのは、「竹内 栖鳳 せいほう 展 近代日本画の巨人」です。
竹内栖鳳という名は、耳にしたことがございますか? 字面からして「いかにも」という感じですが、明治から昭和にかけて活躍した日本画家です。では横山大観という名はどうでしょう。こちらはきっとご存知ですよね。同じ時期に名を馳せた画家です。東京を拠点にした大観に対し、栖鳳は長く京都にいて、当時は「東の大観、西の栖鳳」などとうたわれたものでした。

栖鳳の古びない魅力はどこにあるのかといえば、彼がとことん観察と写実を旨としたところです。外界にある事物をしっかり観察すること。それは洋の東西を問わず絵画の基本。が、長い伝統を誇る日本画の世界では、明治のころ、観察というものが少々おろそかにされていました。実物に則するよりも、自身が属する流派の「型」をなぞることにばかりに血道を上げる画家が目立ったのですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hirarisa_LV0 近代美術館はアンリ・カルティエ・ブレッソン展のときに行ったきりだな〜この展示すごく行きたい。|どこより早い展覧会案内 https://t.co/5xvNPr3jHh 5年弱前 replyretweetfavorite

sugawa 行きたし 5年弱前 replyretweetfavorite