感染してみたい」と言い出した美女のおそろしい本音

男女関係も浮き彫りにしていく新型コロナウイルス。ある日、森さんは「コロナに思いきって感染してみたい」と話す美女に出会いました。聞くと、本当に大事な人が誰なのかを知りたいから、と言うのです。自分とウイルスを天秤にかけてしまうその真意とは……。

「思いきって、感染してみたくなりました」

先日、スカイプでこんな相談を受けた。相手は友人の友人である。仮にN美としておくが、私の友人によるとN美は元来エキセントリックというか感情の起伏が激しく、不定期だが心療内科に通っていた。軽い双極性障害(躁鬱病)だと聞く。友人は、度々N美の相談に乗っていたが、終わりの見えない自粛性活で正常の人も軽い欝病になりそうな昨今である。私に助けを求めてきたのだ。

よくよく聞いてみたら……

「思いきって感染って、コロナだよね」

と、一応私は問うてみた。

「そうなのよ」

ため息まじりに友人がこたえる。N美は、一度コロナウイルスに感染してしまえば、もう二度とならない、とでも思っているのだろうか。連日流れるニュースを見れば、そんなうまい具合にいくはずないと知っているはずだ。とりあえず私は友人に確認してみたのだが、事情はそう単純ではなかった。

「感染したら、本当に大事な人が誰なのか判明する、って言うの」

なるほど、N美はウイルスと自分とを天秤にかけてみたいのだ。美人の部類に入るN美には、付き合っている人が複数いた。タイプも年齢もバラバラで、もちろん既婚者もいれば彼女持ちもいる。そういった足元のおぼつかない関係性にN美が疲れたのかどうか不明だが、抜き差しならない状況になった時にも離れない人は誰なのか、知りたくなったのだという。

個人的に、そういったギャンブルは薦めないし、好きではない。相手を試すような行為は失礼にあたる。そもそも完治する保証がないのに、自分の身体を賭けるなどもってのほかだ。

ただ、数日前にワイドショーで「コロナに感染したから婚約破棄された」という報道があったので、私にもN美の気持ちはわからないでもなかった。大変な状況にならないと、人の本性などわからないのだ。そして、大変な状況になった時に後悔してみても、もう遅い。そのコロナ離婚ならぬコロナ婚約破棄の話を友人に伝えて、とりあえずスカイプを切った。すると友人もコロナ婚約破棄の話をN美に吹聴したらしく、数日後にまた友人から連絡があった。

「コロナ婚約破棄の話、N美はいたく感動していたのよ」

とスカイプ画面から飛沫が飛んできそうな勢いで、友人がまくしたてる。感動する話か? 私は教訓として言ったつもりなのだけれど、と思いつつ、友人に合槌をうつ。

「そのくらい潔い人じゃなきゃ、付き合った意味がないんですって」

付き合った意味がない、とは、過去形である。つまり、N美は男達と別れたがっているのか? いったいどういうことなのだろう。

「美人しか似合わないようなセリフだね」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アラフィフ作家の迷走性活

森美樹

小説家の森美樹さんは、取材や趣味の場で、性のプロフェッショナルや性への探究心が強い方からさまざまな話を聞くのだそう。森さん自身も20代の頃から性的な縁に事欠かない人生でした。47歳の今、自分自身の経験を交えながら、性を追及し、迷走する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kokomo0723 読んだ記録 いや、この美女、報われない恋をしてるんだと思うけどな、私は。 https://t.co/kjCHQ7lz62 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

Kenny_MELTRICK She sounds too crazy... #noted_cakes2020: 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

matsumura “別れる男に、花の名を一つは教えておきなさい。花は毎年必ず咲きます。”(川端康成『化粧の天使達』)だ! 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

kiko_0 美人のメンヘラは国を傾ける。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite