既婚レズビアンにもありのままの自由を#33

世界初の対話型レズ風俗「Relieve」のオーナー兼キャストとして活躍する橘みつさん。ある日、前の店でもリピーターだったチカさんから予約が入ります。彼女は女性が好きなのにも関わらず異性と結婚している、いわゆる既婚レズビアン。久しぶりに会った彼女は、どうも様子がおかしいようです。

チカさんはわたしが独立してから、リリーヴにも一度来てくれた。前回会ったとき大きな荷物を抱えてやって来て、晴れやかな顔で帰って行ったのを覚えている。

あるとき、彼女からメールで予約指名が入った。急な話だが、明日の14時に予約を入れたいという。が、少し様子がおかしい。いつもなら新宿駅で待ち合わせて一緒に近くのラブホテルに行くのがお決まりだったのに、今回は新宿のシティホテルの部屋で待ち合わせしたいという。

「大変申し訳ないのですが、防犯上の観点からお客様が待機されている部屋での待ち合わせは禁止とさせていただいています」とわたしはメールで伝えた。キャストがお客さんのいる部屋に派遣される場合、危険がつきまとうからだ。部屋に他に誰か控えていて危害を加えられるかもしれないし、隠し撮りをされている可能性もある。久住の店では許容していたが、わたしの店ではキャストの身の安全を確保するためにも、そういった要望は原則断っている。そう伝えるとチカさんは納得してくれた。「わかりました。でもその日は日帰りじゃなくて、ホテルに泊まるんです。新宿駅で待ち合わせして、一緒にチェックインする形にできませんか」

当日、新宿駅の待ち合わせの場所に向かうとすぐに彼女の姿を見つけた。以前と変わらない明るい茶髪のショートカット。しかし、チカさんの顔は大きなサングラスとマスクで隠れていた。お久しぶりですね、と言って笑いかけてもチカさんの反応は薄い。

「今回の上京はいつもより急ですね。どうかしたの?」

「どうしても、みつさんに会いたくなって……」チカさんは言葉少なで、先が続かない。ホテルの部屋までは無言で連れ添って歩いた。宿泊するホテルの手狭な部屋に入ると、チカさんはベッドに腰掛けてサングラスとマスクを外す。すると、そのまぶたは真っ赤に腫れ、顔のところどころは黒ずんで口元は切れていた。目だけは冴え冴えとこちらを見ている。

「チカさん、どうしたの! 何かあった?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
レズ風俗で働くわたしが、他人の人生に本気でぶつかってきた話

橘みつ

世界初の対話型レズ風俗「Relieve」のオーナー兼キャストとして活躍する著者は、なぜ、レズ風俗で働くのでしょうか? お客さんの「人生のきっかけ」を共に探したいと願い、これまで200人以上に向き合ってきた彼女が、どんな人生をおくり、い...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mi_rikk_en これは…これはキツい…。こうなる前になんとかならなかったの…。認めてもらえただけ幸運なのか。我慢して隠して家庭とやらを維持してそれで誰が幸せになるのだろう。https://t.co/v4b5gYfHMY 約2ヶ月前 replyretweetfavorite