性というものは、どこへ行くのだろう

新型コロナウイルスによって社会は以前と大きく変わってきています。森さんは「性の在り方」についても変化を感じているのだそう。アフターコロナの時代、私たちが生きることに貪欲になり、もし孤独を恐れなくなったなら、性に対する価値観はどのようなものになっているのでしょうか。

令和2年ももう5ヶ月が経過しようとしている。旧正月があけた頃から自粛の日々で、もはや地球規模の引きこもりだ。世界が、政府が「#STAYHOME」を制定しているような昨今、外出恐怖症になってしまった人もいるだろう。そうした中、このエッセイでも前回前々回とコロナウイルスについて語ってきた。今回は、コロナウイルスによって変化していく性の在りようを見つめてみたい。

あらゆることをひとりで行う時代

いよいよ感染者が増えはじめた3月初旬から、私は「もう世の中からセックスは消え、性というカテゴリーもなくなるのではないか」と真剣に考えていた。もともとかなり前から草食系とかポリアモリーとかアセクシュアルとか、性も自由化していたのだ。たぶん、古来より自由化はしていたのだが、政治やら身分の差やら様々な縛りがあって、自由化を叫べないでいたのだろう。

ここにきて、だいぶ風通しがよくなってきた、と思った途端に、人と人が密着できない事態の到来である。なんと、人を離れて「性」そのものが自由になってしまった。これからはもう、ひとりで勝手気ままに「性」を謳歌するしかない。

それってどういうこと? と首を傾げた人もいるだろうか。つまり「性」に付随するあらゆることをひとりで行う時代なのだ。授精や出産ももう単独でできるのだから、快楽もひとりでどうぞ、な勝手気ままな時代。自慰行為だってバーチャルでやれるし、ホログラムな恋人や配偶者、ロボットの愛人、なんでもござれ。無理に人を相手する必要もないだろう。そしたら人を介して罹患する病気は消滅してしまうのだ。

かつ、性に付随する全ての悩みから解放される。恋愛、結婚、不倫、不妊、LGBT、等々。異性はおろか人と会わないのだから、美醜についてもどうでもよくなる。ひとり信仰万歳。会話は全部SNSで、文句垂れ流し。これがあたりまえになれば、傷つくこともなくなるだろう。

私達はモンスターに飲み込まれている  

こういった世界を孤独とするか、孤高とするかは、その人次第だ。まあ、生まれてからすぐに独り立ちするのは無理だから、成人したら否応なしに「個」として放り出され、個人住居を与えられて、人との接触はもう一切アウト、な法律になったらどうだろうか。「ありえない、無理!」と拒絶する人が大半だろうけど、「それもいいかもね」と受け入れる人もいるのではないか。それほど、人は人に翻弄されている。正確にいえば、人が発する情報に翻弄され過ぎているのだ。あげく発信した大元を無視して、情報だけが拡大し、成長している。もはやモンスター状態で、私達はモンスターに飲み込まれている。

話を最初に戻せば、性に関してだってそうだ。目の前にいる異性に聞かずして、AVやインターネットで得た情報を鵜呑みに行為に挑む。されたほうもされたほうで、嫌だとか感じないといか言えずに、AVやインターネットで得た情報を鵜呑みに、嫌だ、感じないと思う自分がおかしいと自らを陥れる。お互いがお互いを見つめることなく、入り込むことなく、上っ面だけでセックスしている。偉そうに書き連ねている私にだって、思い当たるふしがあるのだ。それも、一度や二度ではない。

これってちょっとおかしいよね、私の快楽ってどこにあるの? と快楽を探す旅に出る人はいい。たとえ望む快楽が見つからなくても、自分独自の快楽を知りたいって欲求が芽生えたのだから。もっとも、快楽なんて人それぞれ。別に失神しなくても失禁しなくても、なんとなく心地いいな、がその人にとって最上ならそれでいいのだ。失神や失禁や中イキだけが本物! だなんて、それこそ頭でっかちな情報なので気にする必要はない。

私が危惧するのは、情報として得た快楽をむりやり自分に植えつけようとする人達だ。「好きな人が、こうすると気持ちがいいはずだと言ったから、そうに違いない」と思い込み、悶々とした気持ちに蓋をする。こういう人達って、やった人数を自慢したり、不倫した回数を勲章のように思っている(人もいる)。相手に巧みに合わせられる、というタイプではなく、自分そのものがないのだ。

ビフォーコロナとは明らかに人は変わる
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アラフィフ作家の迷走性活

森美樹

小説家の森美樹さんは、取材や趣味の場で、性のプロフェッショナルや性への探究心が強い方からさまざまな話を聞くのだそう。森さん自身も20代の頃から性的な縁に事欠かない人生でした。47歳の今、自分自身の経験を交えながら、性を追及し、迷走する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

izmon 密着は必需品ですよね アフターコロナで濃い密 …コミュニケーション大事にしてこう https://t.co/wRdlWZO8el 6ヶ月前 replyretweetfavorite

sawamaru0727 言われてみれば確かにって思ってしまった笑 情報に翻弄されすぎて、感情まで操られてるというか、まるで誰かの感情を自分のものだと錯覚して生きてるみたいな https://t.co/NSqiauy1BX 6ヶ月前 replyretweetfavorite