晩酌歳時記

第三十一回・夜食

食べたことのないもの、飲んだことのない酒がまだまだたくさんあると思うと、「生きねば。」と思う。そんな佐藤和歌子がお届けするショートコラムです。食欲の秋、本番を控えて、今回はちょっと手抜き(料理)しました。

 この季節になると毎年のように「なるほどねー」と思う季語の一つに、「色なき風」があります。要は秋の風のこと。秋と言えば葉っぱが色づいたり果物が実ったり、漠然と暖色系のイメージを抱いてきたので、知った当初は首を傾げたものでした。でも、常に汗ばんでいたTシャツと肌の間を、さら〜っと風がぬけたりすると、あ、これのことかな、と思う。朝、窓を開けた時に、暖かさも冷たさもなく、ただ肌を撫でるだけの風を感じると、たしかに無色だなあと思います。
「爽やか」が秋の季語に分類されていると知った時も「……?」。四月五月も爽やかじゃん、と思ったものです。しかしながら、例えば〈ミシン踏みまた爽やかにミシン踏む〉という渋沢渋亭(渋沢栄一の息子)の句は、うーん、やっぱり春ではない。ミシンの音が空中に抜けていった先に、秋の空の高さがあるような。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
晩酌歳時記

佐藤和歌子

季語と晩酌をテーマにしたショートコラム。月四回更新(毎週木曜、第五はお休み)。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント