日本の鶏めしの元祖? 手羽先ごと炊き込む「鶏ごはん」[第25回]

9月に入って暑さも一段落。となると、これからやってくるのは食欲の秋。今回はそんな季節にぴったりなレシピをご紹介します。焼いた鶏肉と一緒に炊き込む、ポルトガルでは定番の「鶏ごはん」です。実はこの料理、日本の鶏めしのルーツにもなっていたなんて説もあるとか。お酒にもぴったりな鶏ごはん、ぜひおためしください!

みなさんこんにちは。

9月に入って2週間、日々夏が去っていきますね。
素足にサンダルはそろそろおしまい、
さびしいなー。
また来年、また夏に会おうね、夏。

そしてそして、夏が去って秋が来ると楽しみなものなーんだ。
日本人ならなにはなくともの、のアレです。

そう、新米!
秋はごはんメニューが楽しい季節ですよね。

私の好きなポルトガルでも、
ごはんメニューは大得意です。
なにしろ、ヨーロッパで米の消費の1、2位を
リゾット文化のあるイタリアと争うほどです。

ポルトガルのレストランでメニューを開くと、
・肉
・魚
とあって、その次はたいてい
・米
です。

しかもまた、ごはんもののメニューバリエが豊富。
スープ多めのおじや風、しっとり炊き込み風、おこげパリッとオーブン焼きなど
仕上がりも食感もいろいろ。
「ちょっとちょっと、君達お米のこと良く分かっているじゃない!」と、
お米の国の民ならだれしも、
ポルトガルの米メニューを見ると突っ込みを入れたくなるのです。

振りかえると今までにも、
第11回で「たこごはん」を、
第13回で「菜の花とソーセージの炊き込みごはん」を、
第17回で「ぶたとあさりトマトごはん」を紹介してきましたが、
今回はポルトガルのおふくろの味、
現地お惣菜コーナーやデリショップでも超定番のメニュー
「鶏ごはん」を紹介します。

ポルトガル語で「鶏ごはん」は「Arroz de Frango(アローシュ・ドゥ・フランゴ)」
レストランでも見かけるし、家庭でも作るし、
アルミトレーに山盛り詰められてパッキングされ、
ひとり暮らしの人や忙しいお母さん達のお助けデリとしても
大活躍しています。
ぶつ切りの若鶏に、にんじんや玉ねぎ、グリーンピースなどを入れ、
思いっきり炊き込みごはん風に仕上がっています。
ちなみに、ポルトガルの人の主食はパン。
だから米は野菜寄りの存在で、
結構おかずのイメージに近いみたいです。
でもこれを食べると、
おなかいっぱいでパンはいらないんじゃないかと思うんだけど。

ちなみに、鶏ごはんって日本でもよく作られますよね。
この鶏ごはん、
実はポルトガルから伝わった可能性があるってご存知でしたか?
南蛮文化が伝わってきた16世紀の大航海時代に、
ポルトガル人がもたらした肉食習慣の形のひとつでは、
と言われているのです。

当時の文献に残るポルトガル宣教師達が作った料理を見ても、
鶏や牛などの肉とごはんを一緒に炊いて
教会で信者に振る舞ったなどの記述があり、
それまで肉食文化がほとんどなかった日本の一般庶民に
食べさせるきっかけになった模様。
そう考えると、鶏ごはんそのものの歴史もなかなか面白いですよね。
さらには博多の水炊きなども、
鶏を煮込んで食べるポルトガル料理の名残では、と読む人もいるのです。
わたしもそのひとり。

では早速作りましょう。
「鶏ごはん」の材料はこちら。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

beer_can_jp 定番だけどうまい!→ 2年以上前 replyretweetfavorite

beer_can_jp 定番だけどうまい!→ 2年以上前 replyretweetfavorite

beer_can_jp 定番だけどうまい!→ 2年以上前 replyretweetfavorite

beer_can_jp 定番だけどうまい!→ 2年以上前 replyretweetfavorite