他人を信頼しないことは高くつく

「人を見たら泥棒と思え」なんて言葉がありますが、日本人は他国にくらべ、赤の他人を信頼しない傾向があると言われます。しかし、結果的に不信には高いコストを払っているのです。信頼の文化が根付くマレーシアに暮らす野本響子さんが、信頼を取り戻す方法について考えます。

こんにちは。

現在、同じようなことが世界同時に起きていて、各国がそれぞれのやり方で対応しています。

国内で大揉めしている国もあれば、それなりのコンセンサスを得つつ、対処している国もあるようです。この違いは、おそらく普段からの「不信の量」によるのかな、と思います。

普段から「お金持ちはズルしてるに違いない」というような「俺たちとあいつら(Us and Them)」的な分断がある国では、隠れた不信が露呈しているようです。

マレーシアは「安心はないけど、信頼がある社会」で、日本は「信頼はないけど、安心がある社会」だって以前書きました。

マレーシアの治安は日本より悪く、外を安心して歩くこともできません。貧富の差も激しく、人種による扱いの差もあります。

しかし、一般的に他人を信頼して頼れます。タクシーは信頼できませんが、一般人が運転するGrabに乗るのにビクビクしている人は少ないです。逆に、日本は治安が良く安心して生活できるけど、一般的に他人を信頼できない。不思議なパラドックスがあるのです。


信頼がないとなぜコスト高になるのか

外から日本を見てて思うのは、「政府と国民、マスコミ、専門家がそれぞれお互いに疑心暗鬼なのかな」ってことです。

「ちゃんと検査してないのでは?」「死者数を誤魔化しているのでは?」「政府は悪巧みをしているのでは?」「本当のことを言ってないのでは」「偉い人は優先して検査を受けられているのでは?」もう国民側に嫌というほど不信がある。

政府の方も同様で「情報出したらパニックになるのでは」「検査受け入れたらばかな国民が殺到するのでは」「不正受給するのでは?」「貯金しちゃうんでは」って疑いがあるように見える。だから情報公開も遅れるのでは。

そして国民同士にも「生活保護者がズルするのでは」「お金持ちがズルするのでは」と不信があり、根底に分断がある。

山岸先生も言ってたけど、不信に払うコストは高くつく。

「国民を安心させるために」「ズルを防止するために」本当に無駄なコストがかけられてる。申請書類が複雑になるのもその一つです。在宅ワークの人を監視するための「システム」が必要になったりもします。

不信があると、コンセンサスをとって何かを決定し、先に進めることがむずかしくなります。さらに監視のための手数が増えて、現場の人は余計忙しくなってしまう。

子供にパソコンを配るのに「変なものを見るんじゃないか」と心配して、いろんなソフトを予め入れるのにも似てるかも。


不信が少ないと、コストもかからない
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
怒らない力—マレーシアで教わったこと

野本響子

編集者・ライターの野本響子さんがマレーシアで暮らし始めて感じたのは、日本にくらべて驚くほど寛容なマレーシアの社会。「迷惑は掛け合うのが当たり前」「怒る人ほど損をする」など、日本の常識からしたら驚くことばかり。 この連載では、そんなマレ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Lave_chamo 日本って隣組社会だからなぁ 6ヶ月前 replyretweetfavorite

Chuck_euoni 不信感って伝播するもので、ある人が「陰謀ではないか」と言っただけで言った… https://t.co/TfFYApEE18 6ヶ月前 replyretweetfavorite

SALA_05 “外から日本を見てて思うのは、「政府と国民、マスコミ、専門家がそれぞれお互いに疑心暗鬼なのかな」ってことです。” 各リーダーの決定が正解かどうかなんてみんなわからないけど、信頼できると思ったらついていくよね。 https://t.co/4W0Dyly202 6ヶ月前 replyretweetfavorite

kazubo1 たしかにそのとおり。 https://t.co/tLQRXE2TND 6ヶ月前 replyretweetfavorite