千葉雄大が「かわいい」を自覚している

今回取り上げるのは、その"かわいさ"で人気の俳優・千葉雄大。ただかわいいだけではない、その芯にある「強さ」について、武田砂鉄さんが考察します。

乾杯の挨拶はつまらない

テレビ番組が総集編ばかりになっており、トーク番組では、選りすぐりの場面が数珠つなぎになる。曲でいえば、ずっとサビが続くような状態だが、そこで何がカットされているかといえば、エンジンがかかる前の他愛もないやり取りである。トークの導入で問われるお決まりの二大勢力といえば「休みの日は何してるの?」と「さぞかしモテてきたでしょう?」である。秒単位・分単位で視聴率の変動を確認している人たちがこの展開を欠かさないことからわかるのは、この問いかけから発生する「お決まりの意外性」(=インドアなんですorいやいや、全然モテなかったです)を視聴者はそれなりに待望している、という事実である。

日常生活の中で、立場のある人が、「そのうち〇〇さんに追い抜かれちゃうと思うけどね」的なことを言い、「いやいや、そんなわけないじゃないですか」的な返しを待ち構える場面がある。自分がそういう場に遭遇すると、その返しをせずに相手を静かに動揺させる悪趣味を持つ。「まぁ、乾杯の挨拶でございますから、みなさん、『早く飲ませろ!』なんて思っていらっしゃるはずでございまして……って、早速、こういう前振りが長いんですよね、まったく!」「(会場笑)」みたいな場面に立ち会うと、逃げ出したくなる(本当に逃げ出すこともある)。でも、みんな、それなりに楽しそうしている。どうしてあれが楽しいのだろうか。

「自分でもめっちゃかわいいなと思いますよ!」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nktu_pdu |武田砂鉄 すごくよかった 6ヶ月前 replyretweetfavorite

nemui_3922 ウワーーーッッッ千葉雄大くんに対して思うところがスッパリ言語化されておる 6ヶ月前 replyretweetfavorite

ah_love_yuki 悪い意味ではなく自分の商品価値をきっちり把握してて、その上でちやほやされてろだろうが勘違いせず与えられた場所で多方面で使える役者・タレントになってる人だと思う(◜௰◝) https://t.co/lrNq2wxI35 6ヶ月前 replyretweetfavorite

elba_isola |武田砂鉄 @takedasatetsu |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜 6ヶ月前 replyretweetfavorite