イギリスの実証主義とマスク

イギリスを始め欧州では徐々にマスクをする人が増えてきましたが、日本や台湾のように当たり前にはなっていません。マスク導入には文化的問題以外に民主主義国家独自のジレンマがあります。

前回はなぜイギリス人がマスクを着けないかということを説明しましたが、その理由の大きな一つが、膨大なデータを収集した研究の裏付けがはっきりとないということです。

マスクに関しては一応様々な研究があるわけですが、国として国民にこれを絶対にやりなさいとはっきりと言えるに十分なデータがないということです。

イギリスというのはあくまで実証主義でデータの確実性を重視するので政府も専門家も裏づけになる確固としたデータがない場合、特に医学的な事柄に関しては「何をしなさい」ということをはっきりといえません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nexhnatrop インドは意外と西洋化されてないんだな。政治家も知識層も素直にマスクを推奨、自ら着用→ 3ヶ月前 replyretweetfavorite

apdetteiu 実証主義という割につい最近までホメオパシーに公的補助が出てた件 https://t.co/P0tekD3INa 4ヶ月前 replyretweetfavorite

lm700j 壊血病対策も同じような状況で混乱したよな 4ヶ月前 replyretweetfavorite

higourinikki 確かに実証主義的思考は第二次大戦はじめいくつもの戦争の勝因の一つとは思う。一方で英国面と呼ばれる茶目っ気もあるようだ。 4ヶ月前 replyretweetfavorite