瑞々しい旬の野菜を丸ごと食べる「アスパラのクミンフリット」

外出自粛で家にいる時間が長くなる最近、少しでも楽しく過ごせるように、料理はいかがでしょう? 今回の馬田草織さんのレシピは、今が旬のアスパラガス。そのうま味をまるごと楽しめる料理です。ぜひお試しください。

cakes読者のみなさま、こんにちは。

いつもと違う、この暮らし。人間にとっては100年に一度ともいえるパンデミックとの遭遇だけど、自然界は清々しいほどにいつも通り。変化の只中にいる今は、そのいつも通りが頼もしく、心の拠り所のようにも思えます。

ベランダから見下ろせる沿道の桜並木はいつの間にかすっかり葉桜に変わって、緑も日に日に濃くなってきました。部屋を換気しようと窓を開けるたびに、気持ちのいい風がすっと通り抜け、顔に受ける風の薫りで、季節が春の終盤からゆっくりと夏へ向かい始めていることを感じたり。とまあ、こんなポエムな時間もたまには必要! 風の心地よさに思わず目をつぶって、以前北海道で訪ねたアスパラ畑を思い浮かべると……元気ににょきにょき生えている、ユーモラスで力強いあのアスパラの光景、和むなあ。そうだ、今年もアスパラの季節がはじまるぞ。

こうしちゃいられない、そろそろ取り寄せねばと思っていた矢先、玄関にピンポンの音。まさに抜群のタイミングで、北海道の親戚夫婦から、瑞々しいアスパラ御一行さまがドドンと届きました。今年は春に遊びに行けなかったから、代わりにおすそ分けしてくれた北海道の旬の恵みたち。アスパラに添えられた親せき夫婦の心遣いが、なまら嬉しい。

アスパラはいつも、縦に箱詰めされてやってきます。真っ直ぐに生えるから、保存もその立っている状態が望ましい。箱はコンパクトだけど、結構ずっしりくるぞ、これ。いそいそとキッチンに運んで上部のふたをぱかっと開けると、アスパラのもしゃっとした頭が一面ぎっしり並んでいて、壮観。とれたての野菜は、いつも箱から溢れ出しそうな生命力を放っています。

ということで、今回は旬のアスパラを使ったレシピをご紹介します。先月に引き続き、大人も子どもも喜ぶ、なおかつ呑めるもの。アスパラは今までにも「アスパラのゆで卵ソース」「アスパラのリゾット」などをご紹介してきましたが、まだまだいろんなレシピで楽しめる。まずはシンプルだけど、アスパラのうま味や香りそのものを存分に味わえるフリット、揚げものからいきましょう。

あれ、揚げものは面倒? でもですね、これからご紹介するフリットはそんなたいそうなものじゃないんです。粉と炭酸水(ビールでも)で衣を作り、揚げる直前にクミンシードをぱらり。揚げるとアスパラが衣の中で蒸された状態になるから、香りもうま味もぎゅっと凝縮されます。さらに、衣に混ぜたクミンシードの香りが立って、猛烈に酒を呼びます。ご飯だってすすみます。油の量は1センチぐらいで十分。それでもちゃんとカリッと揚がりますよ。ビール片手に、気軽に揚げましょう。

ちなみに、揚げ物と言えば日本なら「天ぷら」ですが、その語源は南蛮人の置き土産、ポルトガル語と言われています。ポルトガル語のtemperar(テンペラル・味付けする)、tempero(テンペロ・調味料)などの言葉や、肉を避け、野菜や魚を食べるカトリック信者の精進日(クアトロテンポラシュ・四旬節)に、魚の揚げものが食べられていたことが元とするなど、諸説あります。

かつてポルトガル人をはじめとする南蛮人が暮らした長崎には、長崎てんぷらという郷土料理があり、衣にしっかり味がついていて、ぼってりした印象。これが、いまもポルトガルでよく見る白身魚のフリットにそっくりです。ポルトガルのフリットの特徴も、やはり素材や衣にあらかじめ味がついている。白身魚のフリットは、パンにはさんでフリットサンドとして食べられていたりします。日本でいえば、名古屋の天むす的な存在、かな。このあたりの天ぷらエピソードは、連載3回目「南蛮渡来の元祖天ぷら」に詳しくありますので、ご興味のある方は読んでみてください。

それからこれは私の経験からですが、揚げものって、揚げはじめるとついでにいろいろ揚げたくなる。せっかくなら、残り野菜も一緒に揚げちゃうと楽しいです。この時期ならそらまめもいいですね。私は薄皮を付けたまま揚げます。揚げちゃえば皮は柔らかくなるし、中の豆はぽくぽくです。野菜以外なら、年中手に入って安価なイカもいい。でもイカって油がはねるから怖いって人も多いですね。さて、どうしたら。いかのフリットについてはnoteで詳しくご紹介します。

では、パパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー

「アスパラのクミンフリット」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

miiiinakono @chomu_0130 https://t.co/xKHhTbmAL8 これ簡単で美味しかった!て思ったのだけど、レシピの部分が有料になってしまった… どこかにメモったやつが出てきたらお知らせします✍️ 2ヶ月前 replyretweetfavorite

uminotsunami @AyakoGNR @binhikahinayu このレシピで、小麦粉を米粉に変えて作りました。 https://t.co/O2PjkQPmZh 2ヶ月前 replyretweetfavorite

natsuy 手軽にできて美味しかったー!揚げ時間も書いてあるぐらいサッと短めで十分だった😋 2ヶ月前 replyretweetfavorite

ITter_77 こんなの食べなくても美味しいのわかる。 2ヶ月前 replyretweetfavorite