環ROY(ラッパー)→角田光代(小説家) Vol.1「どんな気持ちで書いていますか?」

今回インタビュアーとして登場するのは、今年4月に4枚目となるオリジナルアルバム「ラッキー」をリリースしたラッパーの環ROYさん。ヒップホップの解釈を押し広げながら、精力的な活動を続けている環さんがインタビュー相手として指名したのは、「空中庭園」「八日目の蝉」「対岸の彼女」など数々のベストセラー作品を世に送り出してきた作家・角田光代さん。同じ言葉を操る仕事を生業とし、人生の先輩でもある角田さんに、果たして環さんはどんな質問を投げかけるのでしょうか?

どんな気持ちで書いていますか?

Q.角田さんの本で最初に読んだのは「空中庭園」です。ちょうどプライベートで問題があった時期で、現実逃避をするために手に取ってみたんですけど、人にはダメな部分が必ずあって、それを肯定してくれるような印象を受けました。

角田:なぜ私の小説には素敵な男が少なくて、ダメ男ばかり出てくるのかとよく聞かれるんです。でも、私はダメ男と思って書いているわけではないんですね。小説を書く時はいつも、いかに登場人物に説得力を持たせられるかを考えるんですけど、みんなの人気者で、嘘もつかなければ、浮気もしないというような人があまり考えられないんですね。むしろ、欠点の方から人物造形を考えていく方が説得力があると思っているんですけど、欠点のある人ってちょっと魅力的だったりするじゃないですか。自分の恋人が浮気性だったら嫌だけど、端から見ている分には、ちゃんとした人よりもむしろ魅力的だと思うんです。

Q. なるほど、自分なりにリアリティを追及していたら自然とそういう人物像になるということですね。これまでに読んだ角田さんの本で一番好きなのは「彼女のこんだて帖」です。何度も泣きそうになったほどです。書いてあることは凄く普通で、3軒くらい隣の家に住んでいそうな人が出てくるんだけど、そのなかで「幸福とは何か?」という普遍的なお話を、凄く微細に扱っていらっしゃているように感じました。自分もこんな詞が書けたらなと思いました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
いま、僕たちが話を聞きたい人

カンバセーションズ

インタビュアーという存在にスポットを当てるこれまでにないインタビューサイト「QONVERSATIONS(カンバセーションズ)」。毎回異なるクリエイターや文化人がインタビュアーとなり、彼らが「いま、本当に話を聞きたい人」にインタビューを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード