初夏の風味を味わう! アスパラガスの炊き込みご飯。

今回のテーマはいまが旬のアスパラガス。アスパラガスからとった出汁を炊き込みご飯に利用し、芳醇な香りがただよう一品です。相性のいい卵をのせて、ぜひお試しください。

先週のタケノコが春の味としたら、アスパラガスは初夏の味。上手に茹でれば塩コショウやマヨネーズをつけて食べてもおいしいのですが、今日はご飯ものにします。ポイントはアスパラガスの根元と皮を煮出した「アスパラガス出汁」。アスパラガスの旨味成分は水溶性。短時間煮るだけで旨味が抽出できるので活用しましょう。

アスパラガスご飯

材料

アスパラガス…1束
米…300g(2合)
アスパラガス出汁…400cc
醤油…大さじ1
オリーブオイル…大さじ1/2
塩、こしょう…少々
卵黄…適宜(または粉チーズ)

1.アスパラガスは根元を折り曲げ、硬い部分を除去する*。ピーラーで皮を剥き、水200ccに砂糖10gを溶かしたものに浸しておく。根元と皮は水450ccと一緒に鍋に入れ、中火にかけ沸いたら弱火に落として3分間煮る。火を止めて、ザルなどでこし、氷水に当てるなどして冷やす。
*根元に近い部分を折り曲げて、自然に割れるところまでがおいしい可食部

2.洗った米とアスパラガス出汁400cc(足りない場合は水を足す)、醤油大さじ1を炊飯器に入れ、普通に炊く。炊けたらしゃもじなどを使って、米をほぐしておく。
鍋を使う場合……米は研いで、ザルに上げておく。30分置くと米が水分を吸うので、鍋に移し、アスパラガス出汁と醤油を入れ、蓋をして強火にかける。沸騰したら蓋を開けて、一度かき混ぜ、再び蓋をして火を弱火に落とす。8分30秒加熱し、火を止めて、10分蒸らす。その後、米をほぐす。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

樋口直哉さんの新刊が発売されました!

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

VstLakeus アスパラの切り落とした部分や皮から出汁が取れるとは!アスパラを砂糖水に浸すのも初めて知った。シンプルな味付けながら美味しかったです🍚 https://t.co/x0AijjJABx 7ヶ月前 replyretweetfavorite

Kadobunofficial 最新刊『#最高のおにぎりの作り方』が好評発売中の作家・料理家、樋口直哉さん。 今日紹介するレシピは見た目かわいいアスパラガスご飯。ポイントは根元と皮を使った出汁づくり、です。 レシピ公開中⤵ https://t.co/Jrev3o8SXd 7ヶ月前 replyretweetfavorite

72232e https://t.co/P0MYYeXeYc 7ヶ月前 replyretweetfavorite