仕事には誰の「信頼」が必要か

人生100年時代が到来し、75歳頃まで一生懸命に働くだろう私たちに、 いま必要な「戦略」はなんなのか? 予防医学・行動科学・計算創造学からビジネス・事業開発まで、縦横無尽に駆け巡る、 石川善樹さんの集大成! 
今日の仕事と、10年先の目標と、100年の人生をつなぐ戦略書『フルライフ』の発売に先駆け、特別先行掲載します。

大成するキャリアは3つに分けられる

 ここまで職場におけるWell-BeingがWell-Doing(生産性・収益性)に寄与すること、そしてその重心が「信頼の文化」にあるということをお伝えしてきました。

 それを踏まえて、ここから長い仕事人生における時間戦略の全体像を示していきます。

 もちろん、私自身このテーマについてはさまざまなことを考え、あるいは教えられてきました。それらを統合し、特に時間の使い方という観点から考えると、次に示す一枚の図に整理できます。

 この図はとてもシンプルなことを言っています。ヨコ軸に時間、タテ軸に成功を置いています。ちなみに「成功」ですが、おそらく20世紀的なそれは、社内の役職の階段を駆け上がることだったかもしれません。

 ですがこれからはもう、そんな時代じゃないですよね。あるいはお金を得るといったことよりも、もう少し大きなスケールで考えたいと思います。ここで言う「成功」とは、例えば後世に名を残すような「社会的なインパクトの大きさ」という意味です。

 この図が示しているのは、何か大きなことを成すためには「3つのフェーズ」があるということです。

 ちなみに私がこの図を教えてもらったのは、34歳の時です。当時の私は、一言でいうと「ふてくされて」いました。というのも、同級生や後輩たちがどんどん活躍していくのに、どうして自分はこんなにダメなのか。一体、彼ら/彼女たちと比べて自分は何が足りないのか、人生の迷子になっていた時期です。

 そこに現れたのが、Yさんです。私と関わっても何の得にもならないのに、Yさんはじっくりと話を聞いてくれた後、こういったのです。

「石川くん、僕はいろんな人を見てきた。もちろん、一人ひとりの人生の軌跡は様々だけど、あえて成功のパターンを探すとこうなっているようだよ」

 そういって、さきほどの図を示してくれたのです。当時Yさんに聞いた話を、ざっくり説明します。

 まず最初に誰しもの身に訪れるのは、成功の度合いが直線的なままの「ハードワーク期」です。ハードワークと言っても、ロングワーク(長時間労働)をすることではありません。「質の高い仕事をすること」をハードワークと考えてください。周りから一目置かれるような仕事を積み上げていくイメージです。

 ここは現場によっては、下積みと呼ばれるものかもしれません。だけれども、下積みを重ねていったときに、ある時点から急速に成果につながっていきます。

 次に訪れる「ブランディング期」は、周りからの信頼を集め、仕事の幅を広げながら自分というブランドを固める時期です。成功のカーブが右上がりに転じて、加速的に結果が出始めます。

 3つ目の「アチーブメント期」では、曲線は垂直に近い軌道を描きます。自分の仕事をどんどん社会的に還元することのできる時期。ここに到達するのは、早い人で50歳ぐらいではないでしょうか。

 私はYさんの話を聞いて、「そうだったのか!!」とピンときたのです。つまり、これからの人生をどう歩んでいけばよいのか、ボンヤリではあるものの、戦略が見えるような気がしたのです。そして「ピン!」と来た直観がなんだったのか、丁寧に言語した内容が本書のひとつの骨格となっています。

 まず、この図を理解するうえで一番重要な発見からお話していきたいと思います。それは次の通りです。

 これら3つのフェーズは、「誰の信頼を得ながら仕事をするのか」という意味で、重心の置き方が違います。

 つまり、仕事の重心は「信頼」にポイントがあるのです。

 これは私にとってきわめて重要な発見でした。とはいえ、もっと詳細にご説明しないと意味がわからないと思うので、3つのフェーズの一つひとつについて、順番にくわしく見ていきましょう。

質の高い仕事をするには誰の信頼が必要か?  
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ハードな仕事と、長い人生の"重心"はどこにあるのか?

この連載について

初回を読む
フルライフ──今日の仕事と10年先の目標と100年の人生をつなぐ時間戦略

石川善樹

人生100年時代が到来し、75歳頃まで一生懸命に働くだろう私たちに、 いま必要な「戦略」はなんなのか? 予防医学・行動科学・計算創造学からビジネス・事業開発まで、縦横無尽に駆け巡る、 石川善樹さんの集大成!  今日の仕事と、10年先...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません