スゴ伸び

伸ばさない」と体も心もダメになる

不調を解消する近道は、体を「伸ばす」こと。伸ばすことで、体が本来持っている機能が整い、あとは健康という歯車が自動的に回り始めます。では、伸ばさないと、どんな不調を引き起こすのでしょうか。いま話題の書籍『スゴ伸び』から、現代人が抱えるおもな不調と姿勢の特長について詳しく紹介します。

現代人は、体を伸ばしていない

今、あなたはどのような姿勢をしているでしょうか。この本を読むために、少し前かがみになっているかもしれません。あるいは、背筋は伸びているけれども、首だけが前に出ている「スマホッ首」のような状態かもしれません。

読書に限らず、長時間のデスクワークやスマホの閲覧などによって、現代人の多くは体をほとんど伸ばせていないのが現状です。

また、「背筋がピンと伸びた鬱の人」はいないように、ストレスを感じたり、悲しいことがあったり、悩み事があったりすると、人は自然と背中が丸まってしまいます。

つまり、多忙でストレスフルな現代人は、肉体的にも精神的にも猫背になりやすい環境にあるのです。


だからこそ、意識的に体を伸ばすことが大事。

縮こまった体をグ~ッと伸ばし、前かがみになろうとする体と心をコンディショニングするのです

「自分は姿勢がいいから大丈夫」と思っている方も、実は「隠れ猫背」や「反り腰」のケースがあるので注意が必要です。それは主に次のようなケースを指します。

■立っているときは姿勢がいいけれど、座ると姿勢が崩れやすい

■「姿勢をよくしよう」とすると、胸を張ってしまう(腰が反って骨盤が前傾する)

■周囲からは姿勢がいいと言われているのに、背中や腰が凝る


これらの大きな原因は、「伸ばそうと意識はしているものの、正しい方法がわからないから、きちんと伸びていない」というところにあります。

本書でご紹介する「スゴ伸び」は、その瞬間、体を1本のゴムのようにグ~ッと伸ばし、そしてゆっくり縮めることで、体の機能を整える効果があります。さらに、正しい伸ばし方を体得することで、いつもの姿勢がよくなるというメリットもあります。

つまり、「スゴ伸び」をしているときも、していないときも、体がしっかり伸びていることによって、どんどん体の調子がよくなっていくのです。


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

全国書店にて好評発売中! 在宅勤務が続くいま、自律神経の名医が究極の健康法を緊急提案!

スゴ伸び

小林 弘幸
小学館集英社プロダクション
2020-04-23

この連載について

初回を読む
スゴ伸び

小林弘幸

自律神経の名医が開発した究極の健康法、「スゴ伸び」。名前のとおり、ふつうの「伸び」ではありません。 健康に欠かせない自律神経に着目して医師が考案したもので、「血流がよくなる」などの効果が実証されています。 体に負担をかけることなく、1...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kokomo0723 読んだ記録 https://t.co/VJ1INjDDdV 7ヶ月前 replyretweetfavorite