SF短編集「ピュア」

最終回】そして、二人のバースデー

2020年4月に刊行されたばかりの小野美由紀さんの作品集『ピュア』から、収録作のひとつ「バースデー」を毎日更新で全文公開します。
もしもずっと一緒に過ごしていた幼なじみの大親友が、夏休みの間に「変身」してしまったら? ある女子高に起こった「性」をめぐる事件を描いた、少し不思議な青春小説です。
(連載第7回・最終回)

12月16日

 冬って星が大きく見えない?つったらえ、私には逆に遠く見えるけど、つったのがちえで、でもなんか光はよく届く気がするんだけど、って言ったらあ、それは私も同じ、って言ったのもちえだった。

 私は今、満点の星空を見ながら一人、寒空の下に立っている。

「ひかり」少し低い、けど聞き慣れた声が後ろから聞こえて、振り返るとちえが立っていた。着古したダッフルに大きめのズボン。靴は新しいバッシュ。髪は後ろだけ、すっきり刈り上げられてる。

「待った?」 「うん、かなり待った」私は少しだけ意地悪した。ちえは眉毛をはの字にして肩をすくめると、「ごめんね、これでも急いで来たんだ」と言った。

 むき出しの手は赤くなっていて、筋が目立って、いかにも冷たそうだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

もしも、女性が男性を食べないと妊娠できない世の中になったら?ハヤカワnote1位の衝撃作、待望の書籍化!

ピュア

小野 美由紀
早川書房
2020-04-16

この連載について

初回を読む
SF短編集「ピュア」

SFマガジン /小野美由紀

SFマガジン6月号に掲載された小野美由紀氏の「ピュア」を特別公開します。タイトルの通り、ある純粋な性と生を描く遠い未来の物語です。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Hayakawashobo 最終回が更新されました! 3ヶ月前 replyretweetfavorite

Miyki_Ono 最終回です。 「私ね、二人の関係が変わっちゃったら、今までのうちらのこと全部、なくなっちゃう気がして怖かったんだよ。……でもさ、今までの好きの上に、新しい好きを積み重ねてけばいいかなって」 バースデー https://t.co/ZczcFqnidj 3ヶ月前 replyretweetfavorite